FC2ブログ
先週の金曜日と土曜日、父のお誕生日祝いを兼ねて弘前公園と角館へ桜を見に行ってきました
実家のある埼玉の本庄から観光バスに揺られて揺られて10時間、日暮れ前に弘前に着けて
ガイドさんも私達もホッと胸を撫で下ろしました

途中の安達太良山です

CA3A0547.jpg

弘前城 
パンフレットやポスターでよく見るアングルですね

CA3A0549.jpg

定年退職後にカメラ小僧となった父
ファインダーを覗いている間は、話し掛けても返事してくれません。。。
いい写真が撮れたら地元の公民館などに展示しているそうで、嬉しそうに話してくれました

CA3A0548.jpg

枝垂桜はまだ三分咲きといったところでした
華のある色ですね

CA3A0553.jpg

本丸と北の郭を結ぶ橋 
水面に向かって伸びる枝がとってもキレイ

CA3A0554.jpg

「子福桜」という名前の桜です

CA3A0556.jpg

幼くて繊細な印象でした

CA3A0555.jpg

日本一太~い桜だそうです
日本一、って意外とあちこちで聞きますが。。。この太さは本物っぽいですね

CA3A0559.jpg

宿泊は、秋田・湯瀬温泉の姫の湯ホテル
温泉がとっても気持ちよくて、ついつい長風呂しちゃいましたぁ
お食事は山の幸に海の幸と盛りだくさんで、ん~満腹

CA3A0560.jpg

帰りは十和田湖に沿った道を走ってくれました
山にはまだ残雪がしっかり

CA3A0561.jpg

片道10時間弱、往復で20時間程の長~いバスの旅でしたけれど、たまにはこんなのんび~りした旅も
いいな~、と思いました
私達が帰った翌日は寒気が下って雪になり、弘前城は雪景色
雪も、お誕生日のお祝いにと私達が帰るまで降るのを待っていてくれたのかしら
毎朝のバードゴルフにカメラに日々を楽しんで、これからもずっと元気でいてね、お父さん
また来年
梅雨明けした途端に連日猛暑が続いていますが、みなさん夏バテや冷房病にならず
お元気でいらっしゃいますでしょうか?

私は、14日から19日までインドネシアのバリ島ウブドに行ってきました
ウブドは、もうかれこれ15年程前になるでしょうか…
当時、J-Waveのナビゲーター ロバート・ハリスさんの番組が大好きでよく聴いていたのですが、
彼の著書「エグザイルス」の中で、ウブドに彼の経営するカフェがあると紹介されていて、それで初めて
ウブドという地名を知りました。
それから長い月日が経ち、バリ通のお友達から色々話を聞いているうちに行ってみたい衝動に駆られ
計画しちゃったという、何とも思いつきで行動に移してしまった旅でした

実は、出発当日の14日、旅行前に大事な仕事が
それは、この日に挙式をするお友達にブーケを作ってお渡するという大大大役
14日の朝には、無事にブーケも旅行の準備も出来ました
花嫁さんのイメージ通りに出来たかしら
071005_0041~0001

私のフライト時間に合わせて取りに来てもらうことになってしまって、まだ眠そうでしたねzzz…
朝早くにありがとうね
お互いの存在を大切に、いつまでも楽しく幸せな家庭を築いていってね~

ではでは、成田へと向かいましょう
... 続きを読む
2007.12.07 Surf Trip Report
11月21日から29日まで、オーストラリアのバイロンベイにサーフトリップ行って来ました
初の海外サーフトリップをマイボードと一緒に経験したくて、えっちらおっちらボードを抱えての
奮闘旅行でしたが、あちらでは初夏を迎えた碧く美しい海が両手を広げて迎えてくれました

また、今回は人の優しさや自然の懐の深さを強く感じた旅でした。
そしてそして、ドジな私の事ですので、例の如くハプニングもいくつかありました
でも、とても不思議なのですが、窮地に陥るといつも誰か/何かに助けの手を差し伸べてもらえて
事無く収まるのです。
こんな私の人生、いつも誰かが見守ってくれているような気がしてなりません

日本はこれから冬本番ですが南半球はこれから夏本番、綺麗な風景を写真に納めてきましたので、
みなさんにも夏を迎えたオーストラリアを目で楽しみ心で感じて頂ければと思います

出発前夜 
大切なボードくんを壊れないよう頑丈に包装しました
board.jpg


バイロンベイは、ブリスベンから南に2時間程下がった所にあります。
バイロンベイのメインビーチ。
太陽と海が放つパワーを浴びて、全身でエネルギーをチャージ
画像 010


朝はワンコのお散歩タイム
画像 036


今回お世話になった Surf School "Surfing Byron Bay p/l"
画像 014


オーナーのMatt&Serena  そしてとっても可愛くてシャイな Mahea
MattSerena and Mahea


ハプニング その1
ブリスベンからバイロンベイまでバスで移動したのですが、バイロンベイはブリスベンより時間が1時間進んでいるのを知らなくて、着いたのは3時過ぎと思っていたら実は4時過ぎでした!
(これは後になってSerenaが教えてくれて分かりました。)
そんなこともつゆ知らず、Motelに行く前に翌日使うボードとウェットだけでもShopに置かせてもらおうと
Shopに行きました。

ここでHelpの女神一度目の登場
先程、時差について触れましたが、Shopは通常4時に閉めるのにこの日はまだSerenaがいて、お陰でボードと
ウェットを置かせてもらえました!
しかも、タウンから歩いて30分かかるMotelまで車で送ってもらえてLucky!
もし定時で閉めて彼女が帰ってしまっていたら、13kgのボードケースを担いでMotelまで歩かなくては
いけなかったのです!

そしてHelpの女神二度目の登場
「住所からしたら多分ここね!」という場所で降ろしてもらい、さて!っとインフォメーションセンターでもらった場所の説明を片手に私の部屋Unit5を探したら、「ない!」Unit4までは探せたのにUnit5が見つからない・・・
どうして?どこにあるの?まるで狐につつまれたよう・・・
通りに戻って他を探してみたけれど、どんどん住所が離れていってしまう・・・
しかも夕暮れ時で暗くなってゆくし、つられて心も暗く寂しくなってしまいそう。。。
誰か助けて~!と願ったら、さっき住所を確認するのに声を掛けた女の子がこっちに歩いてくる!!
彼女から、「見つかった?」と話しかけてくれて、「まだなの・・・」との返事に、よっぽど困った顔をしていたと
自分でも思うのですが、親切にも近くのCafeの人に聞いてくれて一緒に探してくれたのです。
言葉は通じても知らない土地だし・・・それ故に彼女の存在がとても心強く感じられました。
自分の時間を見知らぬ私の為に割いてくれた彼女のその優しさが、何より胸に響きました。
彼女は北欧の人で、ヨガインストラクターを目指してこの街のヨガスクールに滞在してると言っていました。
Serenaとこの彼女と、初日から二人に助けてもらいました。
人ってどうしてこんなにも人を気遣えて優しくなれるのでしょう。
今度は、私が困っている人にそうしてあげたいです。

Belongilの Motel
Living Dining ソファーが心地よくて寛げます~!
画像 034


Kitchen 食器も全て揃っていました。これで自炊も完璧!
画像 035


Bed Room 私の大~好きなインテリア&カラーでした!
画像 033


Terrace お日様の光がサンサンと降り注いでいます
画像 042


ある日の朝食 
トーストしたパンにカッテージチーズとマーマレードをトッピング&カフェラテ、りんご
画像 043


こちらの物価は聞いていた以上に高くて、カフェでベーコン&エッグの朝食がAUS$10を超えているのには
本当に驚きました!だって、日本円で1,300円程ですよっ
大好きなカフェラテもグランデサイズが500円程・・・何何?!スタバより高いじゃない・・・
ということで、出来る事から節約節約!朝食と夕食は、食材を買って作っていました。

でも、こればっかりは例外!
サーフショップをバックにおきまりのサーフィンの後のアイス(ミックスベリーシャーベット)
ん~、美味し~い!幸せの一時

画像 018


Billabong
あまりの日差しの強さにサングラスを購入したのですが、店員のお姉さんがとっても気さくで、
結局お姉さん一押しのサングラスに決めました!

画像 023


Surfing Byron Bay p/l の壁に描かれていた地図
ニコチャンマークがSurfing Byron Bay p/lです!
画像 012


Byron Bayの岬(上の地図の右上)
オーストラリアの一番東なのだそうです
画像 050


Light House(灯台)
夜になると明かりが綺麗でした
Light House


2日目の午後、灯台に行った帰り道、名前を呼ばれて声のした方をふと見れば、Matt&Serena家族と
お友達ご家族がビーチでBeer片手に寛いでいるではないですかぁ!?
ちゃっかり便乗させてもらっちゃいました

Serenaとお友達のお子さん みんなこうやってサーフィンを覚えてゆくのね~。
画像 006


Roxy の Swim wear を着ている Mahea。 かわいいですね~
私と同じさそり座生まれで、Serena 曰く "She is very much Scorpion."
どことなく私と性格も似ているかも。。。
画像 002


BBも楽しそうね!
画像 004


コーチのBen&Serena そしてLocalの女の子
このボードは、Benが作ったそうです!すごい!すごすぎる!
Ted  Serena


バイロンベイはNatural&Healthy思考の強い街で、街のあちこちにマッサージやヨガスタジオがあり、
"Main Beach Yoga and Massage Studio"でヨガレッスンを受けてきました。

071208_2145~0001.jpg

ここのヨガはハタヨガで、女性インストラクターのLesaはベーシック、男性インストラクターのPeterはやや中級レベルでした。
Peterは、心と身体はLinkしている事や身体の声を感じるように、と言葉で誘導してくれて、メディテーション
(瞑想)の要素も含んでいました
身体の内側に意識を集中出来ると、波の音がかすかに小さくなって行くのが分かりました。
レッスンの後は、心がクリアになり身体も浄化されたような、そんな感じがしました

旅の思い出に、Serenaが私の写真を編集してMovie DVDをプレゼントしてくれました。
何て素敵なSurprise Present 宝物がまた一つ増えました

071206_2020~0001.jpg


6年振りの一人旅でしたが、一人だったからこそ人の優しさが強く身に染みたように思います

また、ゆっくりした時の流れの中、今の自分のあり方を客観的に見れたり、この先進むべく道を選択出来たり、
大切な人達の存在を再確認したりと、日常から離れたからこそ気付けた事・決断出来た事がありました。
日々の忙しさに流されたままでいないで、軌道修正したり自分を再確認したりする時間って必要ですよね。
ここ数年は、忙しさを理由にゆっくりした時間を持つ事をしないできてしまいましたが、これからは
無理をしてでも今回のような時間を作ろう、と強く思った旅でした。

そして、サーフィンの楽しさと魅力を再確認出来た、とても意味のある旅でした!
素敵な時間と出逢いをありがとう
来年もまたバイロンに行っちゃおうかな~
先週お休みを頂き、今がベストシーズンの南国セブ島に行ってきました。
 
Mother Moonを開業した時、一周年を迎える事が出来たら自分にご褒美をあげよう♪
と、決めていたのですが、偶然にも旅行の日程と重なり最高のご褒美になりました。

海外旅行は6年振りに加えて大好きなトロピカルリゾートでしたので、もう気分はウキウキ100%南国ムード。
久しぶりに吸う異国の空気や町行く人の顔、木々や花々の色や紺碧色の美しい海に輝く太陽と青い空、
その全てが刺激的でした。
最近は、サーフィンやダイビングを通して国内の魅力に引きつけられていましたが、異国の地で感じるものは
また別の感動と刺激があって、脳の普段使っていない部分が目覚めるような、見るもの触れるものが普段と違う所で反応しているような、そんなドキドキワクワクするものでした。
そして、感覚を磨く為にも、次はあまり間隔を置かないで外に出よぉ~!って思っています。
次回も、もちろん!サンサンと輝く太陽と碧い海のある場所へ♪


旅行の間に、Mother Moonは1歳の誕生日を迎えました。
帰国したら、お祝いのメールが沢山届いていて嬉しくて嬉しくて、空港で独りうるうるしちゃってました。
たった1年と言ってしまえばそうなのですが、私にとってこの1年はとても重みがあり、仕事もプライベートもこれ程までに1日1日を大切に1日1日が充実した年はなかったと思います。

2年目も1年目と変わらず、皆様の健康と元気と笑顔の源となれるよう、
忙しい日々の中、ふっと気持ちを緩められる場であれるよう頑張って参りますので、
Mother Moonをどうぞ宜しくお願い申し上げます。 


“元気でなんでもない毎日が
今は本当に幸せなんだと感謝しています。”

大切な友人からのメッセージです。
当たり前にそこあるものや
自然に傍にいる人こそが真に大切な存在。



南の島の太陽と空と海をお土産に



20070424010952.jpg

20070424011011.jpg

20070424011031.jpg

20070426150407.jpg

20070426150421.jpg