先日はお休みを頂いて、沖縄・那覇と阿嘉島に行ってきました
今回の目的は、土日に阿嘉島で開催されたプロフリーダイバー篠宮龍三さんのフリーダイビング講習への参加です
その前後ゆっくりのんびりして、自然とそして自分自身と向き合う時間を持ってきました

旅から帰って、自然から人から大きなパワーをもらって命に力が蓄えられたような一跳ねも二跳ねも出来そうな、そんな気がしています

その旅のレポート、携帯からではありますが目に留まった風景などなど沢山写真を撮ってきました
思わず息を飲んでしまうほどに美しい海の中の風景は龍三さんのブログで紹介されていますので、是非、こちらもご覧くださいね

那覇と阿嘉島の風景よかったら共有して下さい



... 続きを読む
スポンサーサイト
今年もJapan Openの後、宮崎に足を延ばしてきました
去年同様に障害者スポーツに携わっていらっしゃる延岡の甲斐さんのご厚意で、延岡から観戦にいらした皆さんの乗るマイクロバスに便乗させて頂きました。
ありがとうございました
途中、「別府湾」パーキングで休憩を取りました
DSC_0171.jpg

パーキングも、土地土地によって名物や特産品など置いてある物が違うので楽しいデスね
去年とは違うルートを通っているとのこと、向こうに別府湾が臨めました
DSC_0170.jpg

こんなバスを発見 流石、宮崎っ
DSC_0167.jpg

延岡で皆さんとお別れして、甲斐さんの車で青島まで送ってもらい無事にペンション青島に到着
甲斐さん、本当に本当にありがとうございました
長い道のりをまた帰らなくてはいけないのに、ご親切とても感謝しています

ペンション青島のおとうさんとおかあさんは、いつもと同じあたたかく迎えて下さいました
ここは不思議、まるで自分の家にいるように安心出来るのです
旅行での宿泊で、ここまで寛げる所はないのですぅ
おかあさんとおしゃべり
DSC_0174.jpg

翌日は、午前中にガイドをお願いして波乗りに行ってきました
木崎浜です
DSC_0173.jpg

コンディションはあまりよくなかったのですが・・・でも自然相手ですものね
いい時もあればそうでない時もあるので、その時々で無理せず楽しめれば幸せデス
私には難しい波でしたけれどもxxx 久しぶりの宮崎の海、楽しみました~

午後は、フリーダイビングでお友達になった聡子さんが鹿児島から来てくれてサーフレッスンを受けました
頑張っている彼女を見ていて、始めた頃の事を思いだしていました

その日は聡子さんのお家にお泊まりさせて頂き、翌日、桜島に連れて行ってもらいました~
近づくと壮大ですっ
DSC_0188.jpg

1914年(大正4年)の噴火で、黒神集落の鳥居がここまで火山灰に埋まってしまいました。
DSC_0189.jpg

その脇にある大木からは生命の強いエネルギーを感じました
DSC_0190.jpg

青島に帰って、青島神社までお散歩~
海を見ながら、波の音を聞きながら心を空にして砂浜を歩いてきました
DSC_0191.jpg

渚の交番 こんなおしゃれな交番があちこちにあったらいいですね~
DSC_0192.jpg

最終日、ガイドの富岡さんに、シーガイヤ近くにある江田神社に連れて行ってもらいました
この神社はパワースポットで有名とのこと、神社の奥にある「みそぎ池」は日本神話の天地創造の神である伊邪那岐の命がみそぎを行い、アマテラスオオミカミ、ヤマタノオロチ、スサノオノミコトなどがこの池から生まれたといわれています。
DSC_0195.jpg

確かに、境内では何も感じませんでしたが(もともと鈍いので・・・)、この池は確かに何かあります
空気から清涼とした感を覚えました

滞在中、通じてコンディションに恵まれませんでしたけれども、聡子さんに会えて桜島にも連れて行ってもらえて、江田神社にも行けて、宮崎での楽しい思い出のページが増えました

みなさん、ありがとうございました
また来年~


いつもはJapan Openの後は直ぐに帰っていたのですが、今年は、その足で宮崎に行ってきました
幸い、障害者スポーツに携わっていらっしゃる延岡の甲斐さんのご厚意で、飯塚から宮崎まで乗せて行ってもらえてとても助かりました
福岡から宮崎ってほぼ九州横断ですものね人生初の貴重なドライブでした
途中、「宮原パーキング」で休憩を取りました

Parking 1

長い運転、本当に御苦労さまです
パーキングも、土地土地によって置いてある物が違うのでキョロキョロしちゃいました
あんもちにお饅頭 これも有名なのかしら~

Parking 2

私は、アイスクリームに心を奪われちゃいました 

Parking 3

ゴマとブルーベリーです

Parking 4

流石九州!佐世保バーガーのワゴンを発見

Parking 5

アイスを食べながら見ていたら、結構買う人いるのですね~
その大きさのせいだけでなく、きっと美味しいからでしょうね
佐世保バーガーは、まだ食べた事がないのですが機会があったらチャレンジしてみたいな

約4時間半かかって、無事にペンション青島に到着しました
甲斐さん、本当に本当にありがとうございました

ペンション青島のおとうさんとおかあさんには変わらない笑顔で迎えてもらって、こちらにお世話になるのはこれで三回目なのですが、ここに来ると自分の家に帰ったような安心感があります
前回まではいなかったのですが、今は息子さんもお手伝いされていました
調理師の免許をお持ちでレストランで働いていた経験もあるそうで、きっと美味しいお料理作ってくれるのでしょうね~
今回は素泊まりですが、次に来た時はお食事もお願いしようかな

翌日は午後にサーフィンの予定でしたので、朝、青島神社にお散歩に行ってきました
朝のうちは少し雲がありましたが、この後かんかん照りのいいお天気になりました
青島神社までの参道です。

Aoshima 1

境内の風景です

Aoshima 2

紙に願いを書いてお水に浮かべると竜の口からお水が出て、あらあら~みるみる間に紙が溶けてゆきます。
願い事、どうか叶いますように

Aoshima 3

青島神社の近くにある熱帯植物園で、丁度、ブーゲンビリアのイベントをしていたので立ち寄ってみました

Garden 1

中の温室は有料ですが、植物園への入場は無料。お得ですねっ
絵を描いている人が沢山いらっしゃいました。

Garden 2

穏やかな時間の流れるいい風景ですね~


その後は自転車をお借りしてブ~ラブ~ラ木崎浜まで行って、輝く太陽の下キラキラ光る海を暫~く眺めてました

Kisaki.jpg

車を止めて準備しているサーファーの方々の中に車いすの人を見つけて、「おはようございます」と、つい声を掛けちゃいました。
聞いたら膝立ちで波に乗るとの事で、でもここは海まで砂浜だけなので水際までどうやっていくのかな
見ていたら、お友達背が負って水際まで連れていって、そこで暫くストレッチをして、脛位の所までまた背負ってそこからはパドルで沖に出ていました。
女性一人と男性三人のグループでしたが、彼らにはいつもの事なのでしょう。とても自然で、友情の深さを感じました
障害を負ってしまったとしても、どんな手段であれ出来る術は見つかるもの、情熱があればきっと見つけようとするのでしょう
私も、何があっても可能性を信じて生きてゆこうと思いました


夜、ダイニングルームでおかあさんとおしゃべりをしていたら、外を女の人が赤ちゃんを抱いてお散歩している姿が
この方、陽子さんは、元々ペンション青島のお客さまで、延岡のご出身なのですがご主人が青島を気に入られて近くに越して来られたそうです。
ベビーちゃんのお話になって、ベビーマッサージの講習をしている話をしたら習いたいとの事で、急遽、翌日いらして頂いて講習を行いました。
赤ちゃんは、二人目で9か月の女の子、ぷくぷくで可愛いかったですよ~
講習に入る前に、先に、お姉ちゃんの手をマッサージしてあげました。

Pension 2

兄弟姉妹がいる場合は上の子はどうしてもママを取られたという感情が起きてしまいますので、先に上の子をしてあげるとその寂しさが少し和らいで下の子への嫉妬心が治まってくれます。
ですので、兄弟姉妹がいる場合は、先ず上のお子さんに触れてあげてから赤ちゃんにしてあげましょうね

陽子さんは栄養士さんの資格をお持ちで、出来るだけ身体によいものをと食にはとても拘っていらっしゃいます
この日も、お手製のパンにイチゴジャム&マーマレードを作って持って来てくれました~

Pension 1

焼きたてのパンはまだほんのり暖かく、そのままでもとっても美味しくて、ジャムを付けて食べたらジャムの甘酸っぱさとパンの甘さに食感と、全てがマッチングして絶妙
陽子さんの愛情がたっぷり入った、手作りの優しい味がしました
美味しいものを食べると、とっても幸せ身体も喜んでくれます 

陽子さん、初めてのベビーマッサージはいかがでしたでしょうか?
毎日しなくてはと義務に感じないよう、出来る時に出来る部分だけでいいですので、気持ちと時間に余裕がある時に陽子さんご自身が楽しみながらしてあげて下さいね

ペンション青島のおかあさんと息子さんも一緒にパチリ
皆いい笑顔デスね~

Pension 3

帰る日の朝、お弁当を作ってお見送りに来てくれた陽子さんとおちびちゃんたち。
朝の忙しい時間に、こんなにもたくさんのおかずを作ってくれて、おにぎりも小さく食べやすく握ってくれてありがとうございました
飛行機を待つ間、戴きました

obenntou.jpg

素材の味を活かした陽子さんの愛情たっぷりのお弁当、お腹に優しく心にも優しく、素敵な宮崎の思い出になりました
今回も沢山の人の優しさに触れ、みなさんが注いでくれる優しくやわらかな愛でとても幸せな日々でした

今回は、この夏に車いすアスリートによるアウトリガーカヌー体験を企画していて、その打ち合わせも無事に行えてホッとしています
おおよその事は決まってきましたので、一人でも多くのアスリートの方に楽しい海での思い出を作ってもらえるよう実現に向けて頑張ります


ここ数年、「今日は雪が降ったね~」という日は少なかったのですが、今年は雪が舞い降りる日が多いですね~
まだまだ寒い日が続きそうですので、暖かさを求めて宮崎に行ってきました
去年の11月に引き続き、今回も波乗り旅行でガイドの富岡さんにお世話になりました

着いて早速波チェック、普段なら誰かしら入っている木崎浜ポイントはジャンクコンディションの為、人っ子一人いません・・・
では!という事で、こどもの国というポイントへ
ここはビジターが多くて初心者向けのポイントなのですが、この日はサイズもあってなかなか手ごわそうな波質
でも何とか出来そうなので、ここに入りましょう!となりました。
次々に波が来てアウトに出るのが大変で、しかもぼよんぼよんして割れるのか割れないのか見分けが難しかったのですが、この日、サーフィン人生最高のライディングが出来ました
今まで感じた事のないスピードと波のサイズとで、初日にして大満足な私でした

午前午後と二回海に入ったので、夜はしっかりエネルギー補給
宮崎名物のチキン南蛮 ボリューミー&ジューシーでした

torinanban feb 2010

これは、2日目の木崎浜です。面が整って乗れる波になってくれていました
miyazaki 1

ご近所で飼われていると思われるわんこ
遊んでもらいました~
miyazaki feb 2

今回も、観光を組み合わせて頂いて、青島神社・鬼の洗濯岩・鵜戸神宮・平和公園に連れて行ってもらいました
前回の綾の吊り橋と合わせて、主な観光スポットは抑えたかしら~
あとは宮崎と聞いて浮かぶのは高千穂峡ですよね~
青島から高千穂まで行くと一日がかりになってしまうので、またいつか波のない時の楽しみに取っておきましょう

鬼の洗濯岩
どうしてこんなに規則正しく刻めるの
どうして日本でここだけなの
自然が作り上げるものの素晴らしさに感動しつつも不思議がいっぱい、こういうの研究している人いないかしら~

sentakuiwa 2


鵜戸神宮
右手には海、左手には山という崖の上の迫力あるロケーション
海を見ると波が岩に当りしぶきをあげていて、思わず吸い込まれそう・・・(危ない危ない

udo 1


鳥居の奥には桜が咲いていました

udo 2

やっぱり暖かいのですね~ 3分程もう葉桜になっていました

udo 3


鵜戸神宮は、岩の中に本殿があって本殿の周り(洞窟の中)を一周できます。
本殿の裏にある「お乳水」です。
udo 4

本殿の裏手には「お乳岩」というお乳に似た2つの突きでた岩があります。
この「お乳岩」は、豊玉姫が綿津見国へ去る時、御子の育児のために左の乳房をくっつけたものと伝えられていて、主祭神はそこから滴り落ちる「お乳水」で作った飴を母乳代わりにしたといわれています。
ですので、安産や育児を願う人から深く信仰されているそうで、私も、お友達に妊婦さんがいるので安産のお守りを求めました。
健康で元気な赤ちゃんを授かりますように

「運玉」といって、男性は左手・女性は右手で願いを込めながら亀岩に掛けた縄の輪の中に玉を投げ込むもので、輪の中に入ったら願いが叶うのだそうです。
100円で5つ玉をもらえます
残念ながら私は撃沈・・・でした

udo 5

平和公園
高い塔ですね~
近くに寄ると圧倒されます

heiwa no tou


公園はとても広くて、山の中を歩くような感じでアップダウンがあっていい運動になります
何を隠そう、ガイドの富岡さんのトレーニングコースです
はにわ公園・・・はにわに見られているようで・・・ちょっと怖い・・・

haniwa kouen

シェラトンホテルの最上階にあるチャペルからの眺め影はホテルですよ~。
真下にはフェニックスリゾートのゴルフコース遼くんのプレーをここから見た人いたかしら~
その先には海が広がっています。サーフポイントも

sheraton top

丁度、ホークスがキャンプで宿泊しているので、ベーカリーでこんなパンを発見しましたよ

daiei hawks

串間のさつまいもは有名だそうで、お芋好きが高じてお土産に購入しました
地理的に、串間は鹿児島に近いそうなので納得ですね~

kushima oimo


今回は、最初に飛ばしちゃったせいか(それとも歳のせいかしら・・・)二日目から体調が万全ではなくて・・・
それに・・・お母さんが体調を崩して病院に運ばれたとお父さんから連絡があって、大事に至らなかったのでよかったのですが、無理して私まで怪我したらそれこそ大変ですし、ちゃんと身体の声を聞いてあげようって思いました
ですので、今回は今回なりに海と宮崎の地を楽しめて大満足でした~

ガイドの富岡さんには、今回も色々と我儘を聞いて下さって本当にありがとうございました
ご迷惑をお掛けしたと思うのです…でも、ご親切にして頂いて感謝しています
お仕事も動きだしたようですし(名前を変えた効果かしら?)、よかったですね
これからのご活躍とても楽しみにしています

宮崎にはまた遊びに行きたいな~、と思っています
ペンション青島のおかあさんとも、また卓球勝負したいデスしネッ

今月16日から19日まで、自分へのお誕生日プレゼントに宮崎へサーフトリップに行ってきました
かなり奮発しちゃいましたけれど一年のご褒美も兼ねて、初めての宮崎を楽しんできました

あちらでは、普段千葉でお世話になっているサーフコーチに現地ガイドをしている富岡さんをご紹介頂き、ポイント選びから空港と宿への送迎、食事や観光まで四日間まるまるお世話になりました。
宮崎はまだあったかなイメージでいたのですけれど、出発直前に大雨が降り気温がぐっと下がっていたので、普段、千葉での服装と変わらない格好で行ったのですが、それで大正解でした
水温は千葉と比べると各段にあたたかく幸せだったのですが、海から上がると寒さで身体が冷えてきて…暖かな服でホッとしました。
ただ、今年は千葉でも去年より寒さを感じるのが早く、例年クリスマス前までは3mmのフルスーツで頑張れたのですが、今年は早くも5mmを着てしまっています
今年は、例年よりも寒くなるのが早いのかしら
これから寒さが厳しくなるので、身体を冷やさないよう気を付けながらサーフィンを楽しみたいと思っています

宮崎の海は、私が行く数日前までは波が高く、きゃ~どうしよう~私には無理だわ・・・との心配も、直前にサイズが落ちて着いた日は私に丁度よいサイズまで下がってくれていました

初日は10時前には宮崎に着いたのですが、午後の方がコンディションが良くなりそうとの事でしたので、綾にある照葉樹林と吊り橋観光に連れて行ってもらいました
ここの照葉樹林を守ろうと、大好きだった筑紫哲也さんもNews23で取り上げたことがあるそうで、
冬を控えた木々の深い緑がキレイで空気も澄み渡りとても気持ちよかったです

tsuribashi2.jpg

吊り橋はかなりの高さがあって、歩き初めは足が竦んで下を見ると一瞬くらっ…心臓もドキドキ…

Tsuribashi.jpg

何回か深呼吸を繰り返していたら次第に落ち着いて、顔は引き攣りつつも向こう側まで行って帰ってこれました。
案内所近くにいた野生のシカと猫ちゃんの2ショットです
案内所のおじさんが投げるシカせんべいを、美味しそうに食べていました。
猫ちゃんがシカの脚にすりすりして可愛いでしょ

shikaneko.jpg

このシカは小さい頃からこうして餌をもらっていたそうでとても人慣れ(猫慣れも)しているのですが、
なかなか近寄ってこない子が離れたところにもう一頭いて、「僕も欲しいよぉ~!けど、そっちには行けないよぉ・・・」って顔をしていました。
この子は人慣れしていないようですが、おじさんが投げた麺が近くまで届いてむしゃむしゃ頬張っていました
野生のシカと猫ちゃん、うたた寝をしている売店のおじさんと、ほのぼ~のとした光景に心がほっこりしました
綾からの帰り道には道の駅のような地産を販売しているお店がいくつかあって、その一つに寄ってもらっておまんじゅうとよもぎのお茶を買いました。
そこでのお野菜や野菜の苗の安さにはビックリ、お野菜好きな私には魅力的で買って帰りたいくらいでした

そんなこんなで時計を見たらお昼時、「お昼どうしますか?」と聞かれて、海に入る前はずっしりは食べられないので、いつも地元の人で混んでいるというお饂飩屋さんに連れて行ってもらいました。
200円ちょっとで食べられちゃう上にお腹に優しい柔らか麺で出汁も美味しくて、とっても気に入っちゃいました。
地元の人が通うお店って、当りですね
そして海へ。この日は木崎浜に入りました

ocean miyazaki

宮崎での初めてのサーフィン、少しぼよぼよした波でしたけれど、水温が温かくて人も少なくて幸せ~
夕暮れまで楽しみました
お夕飯は、富岡さんの知り合いの方のお勧めのお店に連れて行って頂き、あら煮定食を頂きました

Miyazaki gohan

お魚によく味が染みていて美味しかったです

翌日は日向まで足を伸ばして、前日よりはサイズアップした波でアウトに出るのやポジションキープが大変でしたけれど、所々でアドバイスを頂いたお陰で何とか頑張れました
アドバイスは、癖を直すことであったりスキルアップに繋がることであったり、特に波の見方のアドバイスはとてもためになりました。
そして、私はどんなスタイルでのサーフィンをしたいの?そう、考えるきっかけも作ってくれました。
自分のスタイルを持って海に入るのは重要なことと思うので、それを考える機会を与えてくれたことに感謝しています。
帰りに地元で人気の「なんじゃこれ饅頭」を購入

Nanjyakorya manju

いちごと栗とクリームチーズがどどぉ~んと入っていてお腹にずっしりきました
甘いものは疲れた身体を癒してくれますねっ ん~幸せ 甘いもの大~好き

ライフセーバーでもある富岡さんは、海で遊ぶ楽しさを多くの人に体験してもらいたく活動されていて、車での移動中、宮崎に海に入れる車いすがある話をしてくれました
私が興味ある旨を伝えたら、この車いすを管理している同じライフセーバーの方に連絡を取って下さり見せに連れていって下さいました。

ほぉ~、タイヤが浮き輪みたいになっているのですね~

wheelchair.jpg

私は初めて見たのですが、関東では湘南にも何台かあるとの事でした。
日本では砂浜へのアクセスが不便な事から(いくつかアクセス可能な場所があるそうですが)、
車いすの人が海で遊ぶ光景を見る機会は、残念ながら殆どありません

私は、海から色々なことを教えてもらい海に癒してもらっています
時に自然の厳しい表情を見せますが、それでも海が大好きです。
ですので、障害を持った人にも海に触れて海での時間を楽しんでもらいたいと常々思っていました。
それ故、海に入れる車いすの存在はとても衝撃的でした。
これがあれば砂浜へのアクセスが可能ですし、海に入って波と戯れ波を感じることが出来るのです。
海に入れる車いすの存在やアウトリガーカヌーも楽しめるなどの情報を頂いて、車いすの友人達と一緒に海を楽しみたいな、という思いが込み上げてきました。
これから、車いすの人も海で遊ぶ機会が増えてゆきますように

三日目は、午前は青島、午後は木崎浜と、一日たっぷり海に入りました
午前も午後も私には難しい波だったのですが、アドバイスを頭に何とか数本乗れたのでそれだけでも嬉しかったです

お夕飯は、せっかく宮崎に来たので名物の鳥南蛮を食べに連れて行ってもらいました
お店によってタルタルソースの味が違うそうですけれど、ここのは卵が沢山入っていて美味しかったです
お肉もぷりぷりでしたぁ

chikin nanban

地鶏のせせり炭火焼です

jidori seseri sumiyaki

炭の味もして、一味をかけて食べると美味しかったです。お酒がお好きな方は、お酒のあてにぴったりですよん

最終日は、午後早い時間のフライトでしたので、朝一に木崎浜でワンラウンド。
入った直後はいい波だったのですが、少ししたら波が来なくなってしまって・・・
自然の懐に入ったら自然のリズムに合わせて、焦らず怒らず悲しまずですね
それでも、一本気持ちよくロングライド出来たので嬉しかったです

今回、宿泊でお世話になったペンション青島のお父さんとお母さんにも本当に良くして頂いて、まるで自分の家にいるかのように寛げました
お母さんや女性の宿泊客の方達と、夜遅くまでガールズトークで盛り上がったのも楽しい思い出です
朝食デスシンプルな和食ですが、サーフィン前にしっかり栄養を取ってPower up
お味噌汁もとっても美味かったですよ~

Pension Aoshima Morning


四日間という短い間でしたが、ガイドの富岡さんにペンションのご夫妻、同じペンションに宿泊していたサーファー&ボディーボーダーの人達と、素敵な出逢いが沢山あって幸せに思います

振り返ってみると・・・食べ物の写真ばかり・・・食いしん坊レポートですね。
でもでも、しっかり海にも入っているので
それはガイドの富岡さんのHP(リンクにも貼らせて頂きました)からInformationでブログをご覧頂くと、11月16日から19日の記事に載せて頂いていますのでご覧になられて下さいね

近いうちにまた遊びに行きたいな~と思っています
宮崎は、自然に溢れお食事も美味しくゆったりとした時間が流れているとてもいい所です
マリンスポーツやゴルフ、テニスをして遊ぶのもいいですし、のんび~り自然から元気をもらうのも、皆さんも機会がありましたら訪れて下さいね