今日は、今年最後のちばわん湘南いぬ親会にお手伝いさせていただいてきました

2016 12 4 1

会場到着後、ボランティアスタッフさんみんなで設営
皆さん、とっても手際が良くてテキパキテキパキ 設営も順調に進む中

2016 12 4 2

2016 12 4 3

参加わんこもぞくぞく到着

2016 12 4 7

人は大好きだけどわんこはちょっと苦手な子

ワンコはOKだけど人は苦手な子

人もワンコも大好きな子

黒いワンコは苦手な子

理解してあげると、人が先に立って危険回避してあげられますものね。

慣れるまでに時間のかかる子もいることでしょう。

その子の心と体の状態に寄り添って、時間がかかっても家族になってゆけたらよいですね

2016 12 4 6

2016 12 4 8

2016 12 4 10

2016 12 4 11

11月初旬の気候との事でしたので、日中はポカポカ ぽかぽか 暖かくて、わんこ達気持ち良くお昼ねしていましたよー
んん?それって営業してないってことです?まーそれも善しです(笑)

2016 12 4 9

一頭アンケートを頂けたようですが、お帰りになられてご家族皆さんで話し合われてアンケート下さる方もおられるので、アンケートもらえる子が複数になるとよいですね。

2016 12 4 12

フリマも、売り上げ好評だったそうですよ~

2016 12 4 5

2016 12 4 4

私の戦利品はパンダの湯たんぽにちびちゃん用のダウン、よいお買い物が出来ました

2016 12 4 14

そして そして
ラブの可愛い女の子を連れてファインの事を詳しく知っていらっしゃる方に話し掛けられて、会話をしながらも、、、どなたかしら?????が頭の中をぐるぐる ぐるぐる
あっ!ファインのお預かりの栃木のママさん(記憶にある雰囲気が違っていたので、、、)何とも情けない私、少し経ってやっと気付いたのでしたママさん、失礼してしまいすみませんでした!!!
葉山までお届けがあってその帰りに寄って下さり、卒業犬のメグちゃんと待ち合わせされているとのことでした。

ファインにも、会っていただきたかったな。
いつも茅ヶ崎のボランティアさんの車に乗せて行ってもらえるのですが、今日、そのご夫妻は湘南マラソンのボランティアでいぬ親会はお休み、私だけの参加たったので残念でした。
また会える機会があるから、そう思っています。

栃木のママさん、12、13歳まで来れたらあとは穏やかにいけるので大丈夫と言って下さり、その言葉がまるで魔法のようにストンと心に
そうですよね。きっとファインは大丈夫ですよね。ママさんありがとうございます
そう信じて一日一日を大切に過ごしてゆきます😊

栃木のママさんとはファインを届けて下さって以来なので四年半振り、お会い出来て本当に嬉しかったです。
お菓子まで頂戴してしまし、ありがとうございました

思いがけない再会、私にとっても嬉しいいぬ親会になりました

スタッフの皆さん、参加わんこにお預かりさん達と、皆さんおつかれさまでした。
今年一年、特に映画の上映会に置きましてもお力をお貸しいただき、本当に色々とお世話になりました。
来年も出来る範囲でお手伝いしたいとおもっていますので、どうぞよろしくお願いします
またどこかで上映会が開けたら、そう思っています。

これら寒さが厳しくなると思うと、センターの子たち、お外で生きている子たちの健康が心配で、一匹でも多くの子があたたかなお家で過ごせますよう願わずにいられません

2016 12 4 13

大きなことは出来ませんが、自分に出来ることを 小さなことでもこれからも続けてゆきます。

スポンサーサイト
11月19日(土) 湘南学園小学校の5、6年生200名をを対象に、「犬に名前をつける日」の上映会を開催させて頂きました。

2016 11 19 1

先週の湘南パンケーキ江ノ島店さん同様、今回も山田監督代表扇田さんにお越しいただきました!

2016 11 19 2

上映前に山田監督からタイトル名「犬に名前をつける日」の由来をお話いただき、子供達に少しだけ映画のニュアンスを伝えてから映画が始まりました。
約2時間の上映でしたが、生徒のみんなお喋りも騒ぐ事もなく静かに映画に見入っていました。
授業時間の二倍以上、よく頑張ってくれたと思います。

終えてから、ちばわん代表さんと先生も加わって質疑応答式のトークショー。

2016 11 19 3

驚いたのは、生徒の半数がわんちゃん/ねこちゃんを飼っていて、さらに半数が保護犬/猫のことを知っていたことでした。


生徒達には教室に戻って直ぐに感想を書いてくれたようで、帰りがけに何枚か校長先生が見せて下さいました。
私が思っていた以上に子供達はしっかりした感想を書いていて、今の5.6年生って物事をしっかり見て考えて大人と変わらないのですね!

監督にもちばわんとしても学校での上映会は初めてで、それぞれに得るものが多くよい上映会になったのではと思いました。
校長先生が気さくで明るい方で、コーヒーを出して下さったりあたたかい心遣いが随所に見られました。
ここで学ぶ子供達に働く先生は幸せですね~!

この上映についてのお話を校長先生が「校長日記」で書いて下さっています。
是非、お読みになられて下さい!

映画の自主上映会は常時募集しているそうですので、宜しければ「こちら」映画のHPから詳細をご確認下さいね。

ちばわんの今後の自主上映スケジュールは、「こちら」でご確認いただけます。
お近くで開催されていましたら、是非是非、足をお運びください!

ケネちゃんには、今回もありがとうございましたー!
 

2016.11.11()「犬に名前をつける日」上映会 アンケート用紙集計

36名様よりご回答をいただきました。
沢山の方にご協力いただき、ありがとうございました!


男性

5

女性

30

不明

1

 

年齢

10

20

30

40

50

60

70

不明

人数

1

4

9

9

5

3

2

  

ペットの有無

いる・犬

いる・猫

いる・犬と猫

いる・その他

いない

不明

人数

23

1

6

1

4

1

 

Q.1 保護犬・猫のことは、以前からご存じでしたでしょうか?(はい。の複数回答あり。)

○はい。

○何となく

○知ってはいましたが、改めて処分される犬・猫のことを考えさせられた。

○はい。ボランティアで散歩などを行っています。

○はい。わが家は市川市のCACI出身です。

E.セターは千葉のCACIさんから、ブリタニーは自分で保護したので知っていました。

○2頭共、保護犬でした。

○家の犬は保護犬です。

○現在3匹目です。PAKから譲渡されました。

○知っていました。ただ、やはり奥までは踏み込んで見たりはしていなかったです。

 

Q.2 映画をご覧になられて、特に印象に残っているシーンがありましたらお書き下さい。

○広島の施設の現状。

○どのシーンも心にぐっと来ました。「飼い主が変わらないと犬は不幸のままだ。」の言葉が特に響きました。

これから、出来ることをしたいと思いました。

○人の勝手、都合で不幸になる子たちがいなくなる日が来るといい。考えさせられました。

○ボランティアさん達の活動は素晴らしいと思いました。

○犬は飼い主を選べない。飼い主で幸せになる。

○犬は飼い主を覚えていてスゴイと思った。

○「犬は飼い主を選べない。どんな人に出会うかでその子の人生が決まる」というセリフは胸に響きました。

○全部、印象的でした。ボランティアの方々の熱意と犬の素直な表情が素晴らしかったです。

○たくさんありすぎて。

○チビ君とおじいちゃん。

○犬猫と一緒に入れる老人ホーム、全国に増えて欲しいです。年寄犬は助かる率が低いようですが、60代になり体力的に自信がなくなると落ち着いた老犬なら引き取れるのに。。。と思います。今の子は今年5月に2才で引き取りましたが、やんちゃで大変です。子供達、若いお父さん・お母さんに観て欲しいです。

○悪質ブリーダーの店に残された犬たちが出てきたシーン。

○殺処分が決まっている犬達の表情。

○動物センター ブリーダーのシーン。

○2頭共ブリーダー崩壊の現場から来ましたので横浜のブリーダーの映像は心がつまりました。

○保健所でのおびえた犬のシーン。

○犬と猫達の表情が変わってゆくことに感動。

○福島の保護犬が仮設施設に暮らす元の飼い主さんと再会した時の表情。

○保護された犬達の悲しそうな目が忘れられません。また離れたくなくても別々の環境にいなければならない飼い主さんとわんちゃん、ねこちゃん、再会した時の幸せそうな場面も忘れられません。

○全編通してとにかくおどろきばかりでした。殺処分される犬たちの目、声がつらすぎる。

 とても勉強になりました。たくさんの人にみてもらいたい映画でした。

○広島 中谷さんの、助けられた命はむだにしないという言葉が残っています。

○福島で助けられない牛に、水とエサを中谷さんが泣きながらあげているシーン。

○センターで、明日は殺処分されるという部屋で自分は死にたくないと助けを求めるワンちゃん。

よく分かっているのですね。本当に助けてもらってよかったと思います。

○東日本大震災後の犬・猫の保護。

○被災地のペット達を保護するシーン。

○センターから引き出されて、預かりさんの所へ移った瞬間、表情がやわらかくなった場面。

○小林さんと上川さんがベンチで話すシーン。上川さんのセリフが良かったです。

○保護された犬で人なつっこい犬も多くいること。

○ボランティアの方々、代表(ちばわん)の方がおだやかな印象でびっくりしました。そのような活動やられている方は、強烈なオーラを放っている方だと思っていました。

○被災者の方と一緒に暮らせない犬が自らバスに乗り込んでいく姿に、犬は事情を理解しているのだと思いました。

 

Q.3 ご感想をお聞かせください。

○里親さんが見つかるように、出来ることをしたいと思います。

○繁殖屋の勝手さに呆れました。

○来てよかったです。誘っていただいて、ありがとうございます。

○良い時間をありがとうございました。

○犬猫の処分がたくさんでびっくりした。将来、犬猫を保護して犬猫カフェを作りたい。

○描き方が中途半端な気がして、惜しいと思いました。

○主人公が飼っていた犬を亡くした時に感じたことが、とても共感できました。私も同じことを最初の犬を亡くした時に思ったので。。。無理に食べさせようとしたりしたのは自分のエゴだったような気がしてます。

○目をそらしていたものでした。

○考え行動して生き物を守って。

○殺処分で犬や猫が命を失っているという現状を知って、大変だとかかわいそうと感じる人はたくさんいますが、それを行動に移している人は 少ないのでそういつた方々の地道な活動をこの映画を通して見ることができとても嬉しく思います。学校の英語の授業で犬や猫の殺処分についてのスピーチを書いたのですが、この映画を観てもっと他の人にこの事実を伝えたいと思いました。

○命有るものに対する人間の責任。今、手の内にある犬を皆が守りぬく事からスタート。

○少しでも力になりたいと思いました。

○悪質なブリーダーを作っているのは我々消費者であるというちばわん副代表の言葉が印象的でした。まさにその通りで、広く広めてゆく必要があると思います。

○殺処分0はボランティアの人々の努力のおかげだと言う事が分かりました。

○更に知って良かった!ありがとう。出来ることからひとつずつ。。。。。

○もっともっと大勢の方に見ていただいて下さい。

○今回はこの様な貴重な時間をありがとうございました。皆様の地道な活動によって繋げられる命が増えますことを祈っています。また自分なりに何か出来る事を考えてみたいと思っています。

○今、犬を3匹飼っています。最後までみるつもりですが、改めて強く思いました。

○保護犬・猫を地道に助ける活動をされている姿に、改めて感銘を受けました。

○中谷さん達の様に犬の命を大切にして下さっている方達に感謝、感謝でいっぱいです。

○民間やボランティアの活動だけでは、ほんの一部しか助けられない。 国・市町村で予算をかげて保護活動を広めて欲しい。でも、一頭でも助けられるのなら、我々も努力すべきだとも思う。

○命の大切さを改めて感じました。

○とても勉強になりました。これからも頑張って下さい。

○保護犬の団体でボランティアしています。週に数日、数時間の活動しかできていませんが、ほんの少しでも犬たちの役に立てているなら嬉しいです。映画を観てもっと深く関わりたいと思ったので子育てが落ち着いたらもっと役に立ちたいと思います。

○自分にできることを11つやりたいと思いました。

○千葉センターの現場が年々良くなって来ているのは知っていましたが、ちばわんさんの影響だったとは知りませんでした。ありがとうございます。

○我が家にも保護犬がいますが、まだ知られていないこともたくさんあるので自分のできることからしていきたいと思います。

 

以上です。

皆さまには、感じられたことをお書き下さりありがとうございました。
心より感謝しております。

11月11日(金)に開催させていただきました「犬に名前をつける日」自主上映会のご報告をさせていただきます。

0.jpg

とても冷え込みの厳しい夜になってしまいましたが、50名を超える方が足をお運び下さり、嬉しいことに会場はほぼ満席となりました!
小学生や未就学のお子さんたちも、パパとママ、じーじと一緒に来てくれましたよ~!ありがとうね♪

受付が始まりました♪
1_2016111321070944a.jpg

ファインのお友達ふーちゃんご家族もいらして下さいました!
ありがとうございます!
2_201611132107114de.jpg

ちばわん代表さんもグッズを購入下さいました♪
5_20161113210731367.jpg

機材担当せいじくんにお嬢さんのりりちゃんもお手伝いに来てくれました~!
4_20161113210714be1.jpg


機材担当ケネちゃん 今日まで色々ありがとうございました!
3_201611132107122ed.jpg

会場も埋まってきました!
6_201611132107323a0.jpg

このショット、目じりが下がりますね。
7_20161113210734b3c.jpg

ファインのお友達のパパさん&ママさん
いつもファインを可愛がって下さり、色々よくしていただいています。
8_20161113210735c19.jpg

遠く熊谷からお越しくださいました。
レオくんとネネちゃん、ママも元気そうで安心しました。
9_20161113210737510.jpg

お店の一角を切り取って。。。
10_201611132107518fe.jpg

協賛いただきましたNOAHさんとLa douceurさんのパンフレットにちばわんのリーフレット、色々セットでお配りしました。
12.jpg

みまちゃん、NICE!
13.jpg

お店のスタッフさんも頑張ってくれました!!!
15.jpg


上映前、私から簡単にご挨拶を
16.jpg

続いて会場の湘南パンケーキ江ノ島店マネージャーさんからも一言いただきました。
17.jpg

そして、お友達の玲子さんには保護犬だったアイリッシュセッターのもなかちゃんを家族に迎えたお話をしていただきました。
18.jpg

まだまだ大きな音や人混みが苦手なもなかちゃんですが、少しずつ少しずつ克服へ向けて頑張っています。
19.jpg

パパとママには、もなかちゃんのペースで無理せずにって、本当にそう、それが一番ですね。

そして上映開始
21.jpg

22.jpg

23.jpg

上映中は皆さん集中してご覧になられていて、映画を観て その後の山田監督とちばわん代表の扇田さんのトークショーをお聞きになられて おひとりおひとりそれぞれの心に何かしら届いたものがあったらいいな。と思います。
24.jpg

私は、山田監督がお話し下さった直近の台湾の保護活動事情に胸が締め付けられ、と同時に希望の光も差しつつあるようで、異国の保護活動も応援してゆきたく思いました。
25.jpg

皆さんは、いかがですか?
受け取られたもの、大切にされて下さいね。
26.jpg

27.jpg




28.jpg

映画をご覧になられた方には、前半部分で最終部屋から飛び出てきた子を覚えていらっしゃいますでしょうか?
実は、この子は私がファインを迎える時に力になって下さった方が預かり、その方のブログで新しい家族が出来るまでを見守らせていただいていました。
ですから、そのシーンを見た時は何とも言えぬ思いで、全身で生きたいと言っているのが伝わって涙が止まりませんでした。
生への希望は私たち人間も彼らも同じように持っていて、それをしっかり受け止めなくてはと思いました。
一匹でも多く この子のように命がつながる子が増えてゆきますように。

こちら」、このわんちゃんのお預かりさんがその事に触れていらした記事です。

そして、ファインにも想いを寄せ、ファインがセンターにいた時の写真を改めて見返しました。
ファインは1月11日冬の寒い時期に収容されて、2月1日にちばわんが引き出してくれました。 
性格が良いことから譲渡の可能性があると判断下さったのでしょう、期限を超えても置いてもらえていました。
そのお陰で出逢えることが出来て、大きな身体はあたたかくて生きている証。
こちら」、2012年1月18日のセンターレポートです。
ファインは、下の方「△ラブ?ゴールデン?雑のオス 性格が良く譲渡用とされました。行き先は確定していないそうです。」とある子です。

ファインのバッググラウンドは不明ですが、ここに至るまでに経験してきたことがあって、ファインが私に伝えてくれるものを私なりにお伝えしてゆくこと。
それがファインが私にくれたプレゼントだと思っています。

アンケートにご協力いただき、ふーちゃんご家族皆さまありがとうございます。
30.jpg

皆さまをお見送り
本当にありがとうございました。どうぞ寒いので気を付けてお帰り下さいね。
31.jpg

32.jpg

19日の湘南学園での上映会の打ち合わせなどもさせていただきました。
33.jpg

最後に、上映がスムーズに運び無事に終了出来たのも、ボランティア皆さんのお力添え無くしては成しえませんでした。
35.jpg

当日、携帯を忘れ アタフタもあったり そんな私を支えてくださった皆さんに心から感謝しています。
68.jpg

69.jpg



智子さんには、監督さんがポスターを喜んでくださっていましたねー!
私も嬉しいです♪
39.jpg

40.jpg

ケネちゃんとせいじくんには、機材担当本当に本当にお疲れ様でした!
映画が流れなければ上映会は成り立ちませんでしたので、ご尽力心から感謝しています。

最後に、集合写真を撮らせていただきました。
41.jpg

そしてそして!お家でお留守番してくれていたご家族にわんにゃん達も、ご協力ありがとうございました。

来てくれたわんちゃんもありがとう。ずっとずっと元気でね。
36.jpg

博恵ちゃんには、沢山のお写真をありがとうございました!
関わってくださいました全ての方へ 感謝を込めて

今後の自主上映につきましては、「こちら」でご確認下さい。
お近くで開催されることがありましたら、是非是非足をお運びください。
まだまだ先と思っていましたが、いよいよ明日になりました~

* * * * * 先ず最初に、大切な事項をお伝えさせていただきます* * * * *

①店内席をご予約されました方へ
現在、店内席/わんちゃん同伴でない方からもご予約をいただいております。
店内は、スクリーンと厨房上のモニターと2台体制で上映させていただきますこと、またテーブルもいくつかタイプがあり席数もテーブルにより異なりますことから、お席は来られてからお好きな所にお座りいただくのがよいかと思っております。
私自身、先日、実際に当日の
レイアウトをして感じた感想になります。
お席には余裕があるかと思われますが、店内席が埋まってしまいました場合、予備の折り畳みチェアをお使いいただくことになりますので、お時間には余裕を持ってお越しくださいますようお願い申し上げます。

②上映前のお話
上映開始の10分程前 18:20頃から、私から皆さまへご挨拶と保護犬だったイングリッシュセッターのもなかちゃんを家族に迎えられました匂坂さんに少しお話をしていただく場を設けさせていただきます。
18:00から受付を開始しておりますので、よろしければ上映前のお話もお聞きくださいませ。

③防寒対策をお願い致します
当日は、幸いにして雨は夕方には上がってくれそうですが、厳しい寒さが予想されます。
テラス席には、お店がビニールカーテンとブランケットで対応くださいますが、皆さまにも暖かい服装でお越しいただけますようお願い申し上げます。


* * * * * ** * * ** * * * * ** * * * * ** * * * * ** * * * * * * *

昨日は、ご来場の方にお渡しするパンフレットにフリードリンクチケットが整いました

2016 11 9 5


2016 11 9 2

フリードリンクチケットは、ヒロくん&プイちゃんママがちゃちゃっと作って下さり、早業に感激
私だったらその何倍もの時間がかかったことと、プイちゃんとお手伝いにも来てくれてご協力に感謝です

2016 11 9 1

Elpisが販売させて頂きます、チャリティーアロマグッズも完成しました
アロマエッセンスは、わんにゃんとハートのオーナメントの裏に垂らして香りを楽しんで頂くもの、小さなみつろうクリームも添えました

2016 11 9 3

プレゼントとしても喜んでいただけるかな?と思います
そして、こちらの売上の一部は上映会に充てさせて頂きます。

オーナメントのわんちゃんは、コーギー・トイプードル・コッカースパニエル・柴犬・ポメラニアン・ラブラドール、もっと沢山の種類を作りたかったのですが
お家のわんちゃんに似た子、見付けて下さいね

天気予報では、金曜の午後2時頃には雨が上がり夜には晴れてくれるようです。
冷え込みが厳しくなると思いますので、どうぞあたたかくしてお越し下さい

スタッフの皆さんには、お力をお貸し頂けますこと改めてお礼申し上げます

ファインはお留守番ですぅ~~~
みんな みにいってねーーーー

2016 11 9 6

                      

去年の秋に上映された映画「犬に名前をつける日」
ご覧になられた方はいらっしゃいますでしょうか?

私は、ファインがこの映画に登場している保護団体「ちばわん」の卒業犬でしたことから、映画館へと足を運びました。
そこで、エンドロールを見ながら 「この映画を一人でも多くの人に見ていただきたい!」という想いが生まれました。

IMG_20151028_170343_20160922122109102.jpg

その理由は、三つ。
1.人も動物も同じ一つの命 どの命も大切にして欲しい。
2.わんちゃん・ねこちゃんを家族に迎えよう。そう思われたら、保護された子たちもその選択肢にいれていただきたい。
3.今、お家で飼われているペットたちを最後まで愛してあげて欲しい。もちろん、これから迎えるであろう子も。

そして月日が経ち、この春に自主上映が解禁となりましたことから、地元湘南での上映を考え始めたのでした。
場所は?と考えた時、私の中で、公共の施設はなんとなくピンと来なくて。。。
私たちが日々の生活で自然と立ち寄るであろう場、そしてわんちゃんと一緒に観れること、この二つに拘りたく、いくつかに働きかけさせていただきました。


そして、新江ノ島水族館向かいの「湘南パンケーキ江ノ島店さん」が上の三つにご賛同くださり、また映画の内容にも興味を持っていただけましたことから、主催は私 木村が、保護団体「ちばわん」は共催という形で自主上映への運びとなりました。
海を感じ開放感溢れるお店で、保護された子達の存在を知っていただける心地よい上映会にしたいと思っています。


とっ すみません! 想いを文字にすると、ついつい長くなってしまい。。。



上映の詳細です。
ちばわんの上映ページからもご覧いただけます。~「こちら

山田監督のトークショーが決定しました~

* 日時:2016年1111() 開場: 18:00/ 開映 18:30

* 場所:湘南パンケーキ江ノ島店 藤沢市片瀬海岸2-18-21 いちご江ノ島テラス2F
       0466-41-9082 
       「
こちら」 お店のぐるなび情報
* 席数:店内60席・テラス20(テラス席は犬同伴可/キャリーバッグに入れて中型犬まで)
* 入場料 (1ドリンク付): 1,300(税込) ・ 小学生以下500(税込) ・ 
    ドリンクは、ソフトドリンク数種(ice/hot)からお選びいただけます。
* 未就学児: 無料 ドリンクは付いておりません。ご希望の方には、300円にてご注文いただけます。
* お食事:別料金にて、軽食(ポテトやポップコーンなど)をご注文いただけます。
*当日は、店内全面禁煙とさせていただきます。(店外/屋外に禁煙スペース有り)
* 予約/問い合わせ先:
mothermoon.yuko2@gmail.com    
                080-5422-1693 (Elpis
木村)
* 犬同伴の方へ: 席に限りがございます為、事前のご予約をお願い申し上げます。
    予約状況:10名様_残席10名様(11月10日現在)
    ご予約なさらずに当日犬同伴でご来場ご希望の方には、
    木村まで残席数をご確認上、ご来場下さい。

* アクセス
   電車/小田急江ノ島線 片瀬江ノ島駅 徒歩約5分、江ノ島電鉄線 江ノ島駅 徒歩約13
   お車/江ノ島駐車センター (
他のパーキングは閉鎖時間が早い為、くれぐれもご注意下さい)  
        藤沢市片瀬海岸2-20-8   05:00 - 23:00 200/30
   
* チケット:
ちらし下部分のチケットを切り離し、必要事項をご記入の上、当日ご持参下さい。
* ちらし配布予定先:10月
日(日)開催 湘南いぬ親会・鵠沼近隣のお店等

ちらし、「表」を印刷したチケットもご利用いただけます。

ちらし「表」
original omote update resize  

ちらし「裏」
ura resize


自主上映につき「協賛」を募っております。

冒頭に挙げさせていただきました私の三つの思いにご賛同いただける方がおられましたら、ご協力いただきたくよろしくお願い申し上げます。

○協賛金は、上映に掛かる経費(場所レンタル料・上映料・映像機器レンタル料)に
  充てさせていただきます。
○当日、会場にてお名前をご紹介させていただくと共に、ちばわんHP内の「自主上映報告」でも
  お名前を掲載させていただきます。

○ご希望によりご来場者さまへお店のリーフレットなどお配りさせていただきます。

このような形でしかお力になれませんが、お力をお貸いただけましたら幸いに存じます。

* 対象:企業様・店舗様・個人様問いません  
* 方法:協賛金として1000円~ お気持ちでお願いします。 手渡し 又は お振込み
* 振込先:ゆうちょ口座 記号10070 番号83508401 口座名義 キムラ ユウコ
   お振込の際にはお名前の後に「イヌ」とお付け下さい。 例:キムラ ユウコ イヌ
   お振込が終わりましたら、木村までご一報ください。 Mobile: 080-5422-1693
* 領収書:手渡しの方には、直接お渡しさせていたただきます。
        お振込みの方には振込用紙を領収書に、領収書をご希望な方にはご郵送させていただきますので、
        その旨おご連絡下さい。

ご不明な点・ご質問がございましたら、木村までご連絡下さい。



「犬に名前を付ける日」 HPは「こちら」です。 

イントロダクション

犬の幸せはどんな人と出会うかで決まる。

犬たちの現実を知ったとき、私はカメラをまわしはじめた。
名前のない犬たちと、彼らを救い出す人々を描いた、
感動のドキュメンタリードラマ。

2010年秋、愛犬のゴールデンレトリーバーを重い病気で亡くした監督、山田あかねが、先輩の映画監督に促され「犬 の命」をテーマにした映画を撮ろうと思ったことがこの映画の始まり。
動物愛護センターから犬や猫を救い出している人たちや、東北の震災で置き去りにされた 動物を保護している人たちの活動を追いかけ始めた彼女は、4年にわたり、取材を続け、撮りためた映像は200時間を超えた。

それらの映像から、福島の原発20キロ圏内で救い出された1頭の犬「むっちゃん」に焦点をあてたドキュメンタリー 「むっちゃんの幸せ」が生まれ、テレビで放送されると大反響となった。
むっちゃんの声を担当したのが小林聡美だった。
映像に映し出される保護犬たちと彼ら を救おうとする人々に感銘を受けた小林は、山田が準備をしていた本作に参加することになった。実際に保護施設に行き、台本もないまま、取材者を演じるとい う難しい試みに挑戦している。 

ストーリー

愛犬・ゴールデンレトリーバーのナツを重い病気で亡くし、傷心のテレビディレクターの久野かなみ(小林聡美)は、何をしようにも気力が湧かない。
そんなと き、大先輩の映画監督渋谷昶子さんに「悲しむ暇があるなら、犬の映画を撮れ」と励まされ、犬の命をテーマにした映画を撮り始める。

(以上、映画HPより抜粋させていただきました。)