上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お友達のちいママまぎょさんが、5月2日(水)にピアノデュオコンサートを行いますので、
みなさんに彼女の奏でる音色を聞いて頂き、素敵なGWをお過ごし頂ければ嬉しく思います。

音楽好きな方はもちろん!ピアノの音色で癒されたい方も、是非足をお運び下さいませ

20070429005713.jpg


日時:5月2日(水) 開場 18:30 / 開演 19:00
場所:めぐろパーシモンホール 小ホール
〒152-0023 目黒区八雲1-1-1   TEL 03(5701)2924
   ●東急東横線
    都立大学駅徒歩7分
   ●バス
    [渋 34]渋谷駅~東京医療センター
    [黒 07]目黒駅~弦巻営業所
    [多摩01]多摩川駅~東京医療センター
    [都立01]都立大学駅北口~成城学園前駅
    「めぐろ区民キャンパス」下車すぐ

料金:3,000円(全席自由)
出演:富松 万里子
   石川 潤一
プログラム:
   白と黒で [ドビュッシー]
   魔法使いの弟子 [デュカス]
   3つの Victorian song [石川潤一] 他
お問い合わせ:il-pregio@rodory.com
http://carillon-arts.seesaa.net/

まぎょさんとは、4月12日の「出逢い」で触れましたアロマの学校の先生が開いた治療院でスタッフとお客様という出逢いから関係が始まって、早10年近くお付き合いさせて頂いています。
彼女が初めて治療院に来てくれた日、その日は、いつもの通勤路とは違う道を自転車でちゃりちゃりしていたら
ふと治療院が目に入り、たまたま仕事までにまだ時間があったのでふらりと寄ってみた。なのだそうです。
先日、久しぶりに会った時にそんな話になって、「出逢いって不思議だね~!」と二人を引き合わせてくれた
何か(運命?宿命?)に感謝感激しちゃいました。

彼女は、音楽のお仕事をしているだけあって、感受性が豊かでとても鋭い感性を持っている素敵な女性です。
それに!まぎょさんのピアノは、癒しのみならず底知れぬパワーをも与えてくれるので、体中に元気印
のエネルギーが蓄わるのです♪ 言葉では上手く表現し難いのですケド…

コンサート、私は…お仕事なので行けないのです… わ~ん残念…
みなさん、ご都合がよろしければ、私の大切な友人まぎょさんの音色を聴きに行かれて下さいねっ


まぎょさんのブログへは、リンクからアクセス出来ます。
スポンサーサイト
宮古島
今日いらして下さったお客様は、宮古島のトライアスロンの応援から帰ってらしたばかりで、
島らっきょと宮古島の自然塩を使った雪塩ちんすこうをお土産に持ってきて下さいました♪

参加されたチームの皆さんゴール出来たそうで、おめでとうございました~!!!
それにしても、すごいです!
Swim 3km, Bike 155km, Run 42.195km 制限時間14時間の過酷なレースに臨む皆さんの
心の強さと、日々練習を積み重ねる意思の強さに感服です!

そして、選手のケアと応援に奔走された応援組の皆さんにもおめでとうの言葉を送ります。
選手とサポートとの二人三脚で掴み取った喜びですものねっ♪

島らっきょは、お味噌とみりんを合わせたタレを添えて、早速食卓に乗りました。
とっても新鮮で歯ごたえもよくて、素材そのものの味を楽しめました~。ご馳走様でした♪

宮古島の海は、それはそれは美しいそうですね♪
いつか、ダイビングでその美しさを見てみたいなぁ~。


にゃんこレポート
ご近所に住むRチャンから、にゃんこレポートが届きました。
Rチャンの家にはつゆちゃんという名前のミケにゃんこがいるのですが、ここ最近、
別のにゃんこが来るようになって、つい先日、そのにゃんこのお腹が大きくなっているx&>+?`*P=*+?!
と聞いたばかりでした。もしや???妊娠?! わぁ~予感的中!
そのにゃんこが、無事に5匹のかわいい子猫を出産したそうです。

産まれ立てほやほやの5匹の子にゃんことママにゃんこ
おっぱいを沢山飲んで大きくなるのよ~


20070426223016.jpg



先週お休みを頂き、今がベストシーズンの南国セブ島に行ってきました。
 
Mother Moonを開業した時、一周年を迎える事が出来たら自分にご褒美をあげよう♪
と、決めていたのですが、偶然にも旅行の日程と重なり最高のご褒美になりました。

海外旅行は6年振りに加えて大好きなトロピカルリゾートでしたので、もう気分はウキウキ100%南国ムード。
久しぶりに吸う異国の空気や町行く人の顔、木々や花々の色や紺碧色の美しい海に輝く太陽と青い空、
その全てが刺激的でした。
最近は、サーフィンやダイビングを通して国内の魅力に引きつけられていましたが、異国の地で感じるものは
また別の感動と刺激があって、脳の普段使っていない部分が目覚めるような、見るもの触れるものが普段と違う所で反応しているような、そんなドキドキワクワクするものでした。
そして、感覚を磨く為にも、次はあまり間隔を置かないで外に出よぉ~!って思っています。
次回も、もちろん!サンサンと輝く太陽と碧い海のある場所へ♪


旅行の間に、Mother Moonは1歳の誕生日を迎えました。
帰国したら、お祝いのメールが沢山届いていて嬉しくて嬉しくて、空港で独りうるうるしちゃってました。
たった1年と言ってしまえばそうなのですが、私にとってこの1年はとても重みがあり、仕事もプライベートもこれ程までに1日1日を大切に1日1日が充実した年はなかったと思います。

2年目も1年目と変わらず、皆様の健康と元気と笑顔の源となれるよう、
忙しい日々の中、ふっと気持ちを緩められる場であれるよう頑張って参りますので、
Mother Moonをどうぞ宜しくお願い申し上げます。 


“元気でなんでもない毎日が
今は本当に幸せなんだと感謝しています。”

大切な友人からのメッセージです。
当たり前にそこあるものや
自然に傍にいる人こそが真に大切な存在。



南の島の太陽と空と海をお土産に



20070424010952.jpg

20070424011011.jpg

20070424011031.jpg

20070426150407.jpg

20070426150421.jpg

2007.04.12 出会い
人生はからくりに満ちている。
日々の暮らしの中で、無数の人とすれ違いながら、
私たちは出会うことがない。
その根源的な悲しみは、
言いかえれば、
人と人とが出会う限りない不思議さに通じている。

(写真家 星野道夫/「旅をする木」より)

4月20日、あと8日でMother Moonは1歳のお誕生日を迎えます。
去年の開業から1年、“1年続けられたぁ~!”ほっと安堵と共に胸に込み上げるものがあって、
うるうると少しセンチな気分になりました。
思い立ったら行動に移すタイプなので、この開業も120%勢いで始めたものでした。
始めてからは、ただただ目の前の事をきちんとこなす事だけに集中してきました。
それはお客様に“Mother Moonに来てよかった。”“Mother Moonにまた行きたい。”と思って頂く事。
それだけに精一杯で、気がついたら1年が経ち、また桜の季節となっていました。
そんな想いもあってか、今年の桜は格別美しく輝いて目に映り、“1周年おめでとう!よかったね!”と、
言ってくれているようでした。

お客様と出会えた事を幸せに、その一つ一つの出会いに心から感謝しています。
そして、ドジでおっちょこちょいな私を励まし支えてくれた友人達、皆が支えてくれたから
ここまで来れました。本当に有難う。

そう言ったこともあってか、最近、“出会い”について考える機会が多く、この星野さんの文も、
人との出会いには何かとても強い意味があるのでしょうか…
こちらの人ではなくて何故この人と?そう考えると、やっぱり出会いって不思議です。

私自身の今までを振り返ると、人との出会いがきっかけとなって人生の変化や転機が生じた、
と言えるのかもしれません。

アロマをお仕事としたのも、アロマの学校の先生が治療院開業にあたり、オープニングスタッフにと
声を掛けて下さった事からでした。
また、この時に出会ったスタッフの方とは、お互いその治療院を辞めてからも連絡が途絶える
事はなく、去年の夏からはその人の治療院でマタニティのお勉強をさせて頂くようにもなり、
今また身近な存在の人となりました。

また、2000年シドニーパラリンピックでは全日本女子車椅子バスケットボールチームをアロマで
サポートさせて頂いたのですが、それも当時、神奈川の男子のチームに施術ボランティアで伺っていた折、
そこに練習に来ていた全日本女子の選手が声を掛けてくれたのがきっかけでした。
そして!思いがけず、選手のご好意でシドニー行きのチケットをプレゼントして頂き、
現地で彼女達を応援出来て、しかも見事銅メダル!忘れられない思い出となりました。

その後、2001年には、US滞在中にLakeshore Foundation(Alabama, USA)で開催された
NEC主催の車椅子テニス大会で施術ボランティアをしたのですが、この時も、毎日受けに来てくれた
オランダの選手(Sharon Walraven)と仲良くなって、翌年は“今年もLakeshoreにおいでよ!”の
一言で日本から渡米してしまいました!

それを機に、NECの社会貢献部の方ともお知り合いにもなれて、2002年からは
Japan Open(飯塚市、福岡)でも施術ボランティアでお手伝いさせて頂くようになりました。
ここで日本の選手の方ともお友達になれましたし、Sharonも毎年エントリーしているので、
Japan Openの時期が近づくと皆に会える嬉しさでウキウキした気分になります。
今年も、5月中旬にお手伝いに行って来ます。
期間としては、数日というとても短い間ですが、この大会を通じて経験する事や選手や
大会関係者の方々と接して感じ得るものは、私にはとても貴重で、言葉では上手く表現し難いのですが、
“人を通して自分を見れる。”と言ったらいいのでしょうか、自分のあり方や信念のようなものを
再確認し整理出来る、そんな時間なのです。
それに、飯塚市は自然がとっても豊か。5月の新緑の季節は草木のパワーがとっても強いので、
自然に抱かれる幸せも感じられるのです。
(Japan Openの詳細はこちらからご覧になれます。)
http://www.nec.co.jp/community/ja/mecenat/wheelchair/topics_07/iizuka2007.html

アロマの仕事を通じて、普段の生活の中には無い貴重な経験をさせて頂いてます。
それも一つの出会いがきっかけになっているので、出会いってやっぱり不思議だと思います。

そして、出会いはこちらから一方的に追い求めるものではなく、
然るべき時期に然るべき場所で自然に訪れるものではないのかな~。
と、自身の経験を通じて漠然と感じています。

また、今年は再会の年でもあって、数年間会えずに手紙やメールのやり取りだけで過ごしていた
友人達と再会する機会にも恵まれて、彼女達からもまたいい影響を受けています。

新しい出会いと大切な友との再会で、人との繋がりを想う日々です。
アロマセラピーの注意点

アロマセラピーを行なう際には、以下の点に注意してください。

安全な精油を使いましょう。
アロマセラピーには、“精油”を使用しましょう。
アロマオイル・ポプリオイル・フレグランスオイルといわれる商品は、化学合成物香料が添加されているなど、アロマセラピーで使われる精油とは異なります。

また、今は色々なメーカーが精油を扱っていますので、品質に注意して安全な精油を使いましょう。判断基準としては、100%pure・オーガニック・無農薬・無殺虫剤・成分分析の表示等のあるメーカーの製品をお勧めします。専門店で購入し、用途を店員さんにお話して相談に乗ってもらうのもいいでしょう。

アレルギーテスト(パッチテスト)をしましょう
初めて使う精油は10倍に薄めて、腕の内側でアレルギーテストをして、使う人の体質に合うかどうかを確認してから使用しましょう。
アレルギー疾患をお持ちの方、過去に薬剤アレルギーを起こしたことのある方は気をつけてテストをして下さい。
かかりつけ医に相談されてからのご使用をお勧めします。

精油の原液を直接肌につけないこと
ラベンダーとティートリーは、原液をそのまま使用出来るとされていますが、それ以外の精油は必ず2~3%に希釈(薄めて)用います。また、肌が弱い方・アレルギー体質の方は、ラベンダー・ティートリーも薄めてご使用下さい。
使用後に発疹や皮膚のトラブルが出たら、直ちに使用を中止して皮膚科で診察を受けてください。
近年、精油による接触性皮膚炎などのトラブルが増えています。
いつも使用していて大丈夫な精油でも、気候の影響や体調等によっては皮膚症状が現れる場合もあります。その際は直ちに使用を中止し、症状が落ち着くまで精油の使用は控えて下さい。

精油を飲用しない/誤飲にも注意してください
フランス、ドイツ、ベルギーでは、アロマセラピーは医療行為の一つとみなされていて、精油は医薬品と同様に扱われ品質についても細かな規定が設けられています。
日本では、精油については特に品質基準もなく、雑貨として輸入されています。よって、残留農薬が検出される・合成保存料が添加されている・化学合成されている等、品質に疑問を覚え使用を避けたい精油が数多く出回っているのが現状です。
フランス、ドイツ、ベルギーでは医師の指導の下、精油を経口投与(飲用)することがありますが、日本では飲用は禁止されています。
万が一、誤って飲んでしまった場合、口の中に精油が残っている場合は大量の水で口をすすぎ、飲み込んでしまった場合は吐かせず、直ぐに医師に診せて下さい。 
医師に診せる場合は、誤飲した精油の名前と飲んだ量を必ずメモして行って下さい。
こういったトラブルを避ける為にも、お子さまがいらっしゃるご家庭は、必ずお子さまの手の届かない場所で保存して下さい。

保管場所と使用期限
精油は、蓋を開けたら1年以内・柑橘系は半年を目安に使い切るようにしましょう。
また、精油は光と温度の高い状態を嫌いますので、開封・未開封にかかわらず棚の中などの冷暗所に保存しましょう。
精油やトリートメント・オイルは、保存期間内でも酸化臭を感じたら使用を中止して下さい。

光感作
光感作とは、精油の成分が紫外線に反応して皮膚のかゆみや発赤などのアレルギー症状を起こすことを言います。
強い日光に皮膚をさらしたり、タンニングなどする前には、これらの精油は使用しないで下さい。
精油を皮膚に塗布して、翌日ないし翌々日まで日光・紫外線にあたると思われる時には、これらの精油の使用を控えて下さい。

光感作のある精油は、ゼラニウム・ベルガモット・レモン・ライム・ビターオレンジ・スィートオレンジ・グレープフルーツ・レモンバーベナなど、柑橘系の精油に多くあります。

妊娠中の精油との付き合い方

妊娠中は、赤ちゃんの成長に伴い母体は著しく変化してゆきます。
妊娠期間を穏やかに過ごせるよう助けとなる精油もありますが、反対に妊娠初期に特に避けなければならない精油は、通経作用のあるとされている月経を誘発する精油類・出産の間に子宮の収縮を強めるのに使用することが勧められている精油類・母親と胎児との双方に傷害をおよぼすおそれのある毒性の高い精油類です。
また、初期・中期・後期と、それぞれの時期に応じて使用出来る精油と出来ない精油とがありますので、十分な知識を持たないままでの使用は絶対にしないで下さい。

妊娠中の精油の禁忌

妊娠初期/カモミール・クラリセージ・サイプレス・シダーウッド・ジャスミン・ジュニパー・ゼラニウム・ペパーミント・マージョラム・ミルラ・ヤロウ・ラベンダー・ローズ・ローズマリー

妊娠中・後期/クラリセージ・サイプレス・シダーウッド・ジャスミン・ジュニパー・ペパーミント・マージョラム・ミルラ・ヤロウ・ローズ

赤ちゃん・幼児・子供への精油の使用
赤ちゃんは、感作の問題もありますので十分注意する必要があります。生後1週間以降は、ラベンダーとローマンカモミールを成人の4倍までに希釈して使用。とされています。(母と子のためのアロマテラピー ジェーン・ダイ著)。
ただベビーマッサージでしたら、キャリアオイル(スイートアーモンドオイル)のみで行って頂いても十分かと思います。
キャリアオイルのみでの場合も、使用前にはアレルギーテストを行って下さい。

幼児(1~7歳) マッサ-ジオイルの濃度は1%以下
使用できる精油 ティーツリー、ラベンダー、カモミール
子供(8~14歳) 精油の濃度を成人の半分程度にしましょう。

これらの事を守って頂ければ、大きなトラブルは回避出来るかと思われますが、ご使用につきましては個人の責任に基づいて行って下さい。
注意事項を意識して頂き、どうぞ楽しいアロマライフをお過ごし下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。