FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.27 心に響く言葉
先日、施術を終えて、お客様のTさんとお茶を飲みながら、心に響く詩や言葉についてお話しました

Tさんは、4月2日のブログ「伝える時」の詩を彼女のお客様に読み聞かせ頂き、その反響を
お知らせ下さいました。
実は、あの詩は、一人でも多くの人に読んでもらいたくてブログに載せたので、Tさんを通じて多くの方に
詩に触れて頂けてとても嬉しかったです。
それは、Tさんご自身が、詩から何かを感じて下さったからなのだと思うのです

詩やメッセージ、総じて“言葉”は、聞き手や読み手の置かれている状況や環境、そしてその時の
心理状況によって、10人10通り以上の解釈に10通り以上の心への響きがあるのではないでしょうか。
私も、この詩を時々読み返しますが、目に止まる言葉・心に響く言葉はいつも同じとは限らないのです。

Tさんのお客さまも、この詩を読まれて、大切な家族や愛する人・友人と、今まで以上に素敵で温かな
コミュニケーションを取られていたらいいな、と願っています。

その後、私の大好きなスポーツ心理学の辻秀一先生からイチローにまで話が広がりました。
イチロー、彼の発言は誰もが一目置いていますね
自分が発した言葉は、相手はもちろん自分の耳にも届き潜在意識に留まるので、言葉を発する事は
自分自身にも影響します。
だとしたらネガティブな言葉ではなくポジティブな言葉を口にしたいですね。
といっても、それが困難な時もあるかと思いますが、イチローはそれを実行している人ですね。 

今の私の心に響くイチローの語録を紹介しましょう。
(どうやら、サーフィンに対する思いと重ね合わせて選んだようです。)

『小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています』

『今自分にできること。頑張ればできそうなこと。そういうことを積み重ねていかないと、
遠くの大きな目標は近づいてこない』

『自分のできることをとことんやってきたという意識があるかないか。それを実践してきた自分がいること、
継続できたこと、そこに誇りを持つべきだ』

『少しずつ前に進んでいるという感覚は、人間としてすごく大事』

『他人の記録を塗り替えるのは7割、8割の力でも可能だが、自分の記録を塗り替えるには
10以上の力が必要だ』

『積み重ねていかないと、遠くの大きな目標は近づいてこない』

『今自分がやっていることが好きであるかどうか・・・』

『進化する時ってカタチはあんまり変らない。見えないところが変っている』

『苦悩というものは前進したいって思いがあってそれを乗り越えられる可能性のある人にしか訪れない。
だから苦悩とは飛躍なんです。』

『結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる。』

『第三者の評価を意識した生き方はしたくない。自分が納得した生き方をしたい』

みなさんは、この中で目を止めた一節はありましたでしょうか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。