FC2ブログ
谷川俊太郎さんの詩「生きる」を読んで、大切な人たちそれぞれが今向き合っている状況を想いました
私に何が出来る訳でもありませんが、離れていても心は寄り添っていてあげたいと思います

生きていれば、悩み苦しみといった辛い時期もあるでしょう。
いつかは死を迎えるでしょう。
でも、喜びや愛といったあたたかさに触れる時もあって、それらが固くなった心を解し弱い心を強くしてくれる。
そして一歩踏み出せる。
ただただ生きているだけで幸せなのですよね
今ここに生きていることに感謝して、今を楽しみましょう

谷川俊太郎さんの詩「生きる」
                                    
生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木漏れ日がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみをすること
あなたと手をつなぐこと

生きているということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そしてかくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ
いま生きているということ
泣けるということ
笑えるということ
怒れるということ
自由ということ

生きているということ
いま生きているということ
いま遠くで犬が吠えるということ
いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ
いまどこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれているということ
いまいまがすぎてゆくこと

生きているということ
いま生きてるということ
鳥ははばたくということ
海はとどろくということ
かたつむりははうということ
人は愛するということ
あなたの手のぬくみ
いのちということ

谷川俊太郎詩集 (ハルキ文庫 )
スポンサーサイト