FC2ブログ
今年の夏は、例年以上の猛暑が続いていますね
外気との温度差のあるオフィスなど冷房をつけた中に長時間いると、冷えや脚のむくみ・だるさといった症状が出てきてしまいます
それに加えてこの暑さによる夏バテなど、身体の不調を訴える方が増えてきています。
今回は、そういった不調を出来るだけ招かないよう、日々心掛けたい事やアロマを用いた対処法をお話してゆきましょう

「だるい…」「食欲がない…」「やる気が出ない…」といった不調は冷房病と夏バテ共に見られますが、冷房病と夏バテでは原因が異なります

冷房病について
人には、体温を一定に保つよう調節する機能が備わっていて、冬の寒い時は身体に熱を溜めて、夏の暑いときは汗をかいて体温を下げます。
ですが、冷房のきいた部屋で冷たい飲み物を摂って過ごしていると調節機能が低下して、熱い場所へ出た時にうまく汗をかけなくなってしいます。
そう考えると、エアコンの普及によって生活が快適になった分、体温を調節する機能が鈍くなってしまったと言えますね…

近年、若い女性に低体温(35℃くらい)の人が増えてきているようです。
人間の体温の平均は36.5℃くらいで、この位で体内の酵素は最も活性化されます。
低体温では酵素の働きが低下する為、新陳代謝が悪くなり免疫力も低下して病気になりやすくなります。
体温が1℃下がると、①免疫力の低下 ②基礎代謝の低下 ③体内酵素活性の低下、といわれています。

低体温になる原因はいくつかあって、下記に挙げてみました。

* 冷たい物や甘い物の摂り過ぎ
冷たい物や甘い物、暑い地域で採れる果物は身体を冷やします。

* 季節はずれの野菜や果物の摂取
身体を冷す夏の野菜を冬に摂ると身体を冷やしてしまいます。その季節その季節で、旬のものを口にしましょう。

* ダイエット
食事を減らすダイエットは、ビタミンやミネラルのバランスを崩してしまいます。

* 冷暖房のある住環境
身体本来が持っている体温を調節する機能が鈍くなってしまいます。

* 運動不足
運動をしないでいると血液を送る筋力を刺激しない状態が続いて筋力が低下して、さらに血行不良となってしまいます。

* 過度のストレス
ストレスが過度にかかることで血行不良が起こると考えられています。

* 便秘
便秘は腸内でぜん動運動が行なわれていないことから、基礎代謝も低くなります。
腸内の働きを良くし、便秘を改善することが低体温の改善にもつながると考えられています。

その他にも、きつい下着で体を締め付ける・朝食を抜く・入浴をシャワーで簡単にすませるなどが原因と考えられています。

体温が1度上がると免疫細胞が元気になって、ウィルスを攻撃する力が約6倍にアップするそうですよ
生活習慣を改善しながら、免疫力を強化してゆきたいですね

夏バテについて
だるい・疲れやすいといった、幾つかの特徴的な症状を総称して“夏バテ”と呼んでいます。
夏バテを引き起こす主な原因を3つ紹介しましょう。

(1)体内の水分とミネラルの不足
夏、体温が上がると身体は汗をかいて体温を下げようとしますが、汗で体内の水分と一緒に身体に必要なミネラル分も排出されてしまいます。
そうなると脱水症状をおこすなど、体調に異常を発生させてしまいます。

(2)暑さによる消化機能の低下
夏バテの症状に、食欲がなくなる、という人が多く見られますが、暑いからといって冷たい物を摂り過ぎると胃腸が冷えて胃の消化機能が低下し、栄養の吸収が悪くなり食欲不振を起こします。

(3)暑さと冷房による冷えの繰り返し
冷房の効いた部屋から暑い外に出ると、体温を調節する自律神経が気温の変化に対応しきれなくなって、眩暈などの自律神経失調症を引き起こす可能性が考えられます。
身体に負担なく体温調節する為にも、室温と外気の温度差を5度以内にして水分補給を心掛けましょう。

アロマで夏の不調を改善しましょう
脚のだるさには足浴がお勧め!
フットバスがなくても、大きめの洗面器やバケツで代用出来ます。
それに、バケツの方がふくらはぎまで浸かれるのでお勧めです。

ハチミツ又は塩(大さじ1)に精油を1滴垂らしたものを用意します。
20070809141001.jpg

20070809141018.jpg


バケツにやや熱め(40℃くらい)の湯をはり、そこへ精油を垂らしたハチミツ/塩を入れてよく掻き混ぜてから足を浸けます。
10分以上続け、お湯がぬるくなったら差し湯をしてください。

足浴にお勧めの精油
だるさ、疲れ/レモングラス・ローズマリー・オレンジ・ラベンダー
むくみ/サイプレス・グレープフルーツ・ジュニパー・ゼラニウム
冷え/ジンジャー・ローズマリー・ブラックペッパー

自律神経のバランスを整えるには、ぬるめのお湯(38℃~40℃)で20~30分の
半身浴がお勧めです
入浴で心身共にリラックス=副交感神経優位となって、免疫力アップにも繋がります

ハチミツ又は塩(大さじ1)に精油を2~3滴垂らしたものを用意します。
(足浴と同じ要領で、精油の量を増やします)
湯船に、精油を垂らしたハチミツ/塩を入れてよく掻き混ぜてから入浴しましょう。
入浴前には、コップ1杯程度の水分補給をしましょう。

ぬるめのお湯につかると、副交感神経が優位になってリラックス効果が得られますのでよい眠りをもらたしてくれますし、よい眠りは健康な身体を作るための大切な要素です。
また、汗で体内の老廃物が体外に排出されます。
よい眠りとよい目覚めには、生体リズムを整える効果があります

夏は暑くて…とはいえ、素晴らしい日本の四季の一節です
どうぞ、健康で元気で夏を楽しんで下さい
その為にも、日々の生活を見直して、改善出来る事から始めてみてはいかがですか

日本では、精油は医薬品ではありません。
従って、医療行為に代わるものではありません。
病気の治療中・治療目的でのお薬の内服中の方が精油のご使用を希望される際には、必ず担当の医師にご相談なさってください。



スポンサーサイト