FC2ブログ
昨日、我が家に猫ちゃんがやってきました
練(れん)といいます。

2012 8 8 3

数日前、クインのお預りの桂子さんのブログで猫ちゃんの里親を探している記事を見て、心が動きました

心が動いた理由には・・・

ファインにはいつも長いお留守番をさせてしまっていること、お散歩などで仲のよいワンちゃんに会うととっても嬉しそうにしていることから、もう一匹いた方がいいのかな・・・と思い始めていたのです

ファインが家に来て5が月が過ぎ、まだ心許ない部分は沢山沢山ありますが、、、ファインの日々の行動や私を見る目から私とファインとの関係が落ち着いてきたように感じ、私もファインとの日々に最初の頃のような緊張感ではなく心地よさを感じるようになっていました

お互いに ゆっくり ふかく 呼吸が出来るようになった、といったらいいのでしょうか

篠崎会場で初めて会った時は目も合わせてくれなかった子が、私の姿を目で追い、顔と顔を合わせると目に穴が空いちゃうくらいじーっと見つめてくれます
5か月前のあの日、こんなにも早くこんな日がくるなんて想像だにしていませんでした

私は花◎な犬飼さんではなくて、ベテランの方から見たらそれは頼りなく思われることと思います。。。
ファインが来た当初は、経験のなさが自信のなさに繋がって、それが色々な部分に影響を及ぼしてしまっていたように思います。
どうあがいても経験がないのは経験のないことで、だとしたらそれに対してあれこれ悩んでも仕方がないこと、今の自分が自信を持って出来ることを200%やってゆこう と気持ちを切り替えました
そうしたら、不思議とファインとの関係がスムーズになってゆきました

それでも、お散歩中にハタと動かなくなってしまうこともあり、まだまだ、本当にまだまだです、、、
逆に、私の場合これでOKにならない方がよいかも知れません。

生涯 勉強
亡くなったおじいちゃんが、病の床に臥せている時に「勉強しろよ。」と言ってくれました。
既に学生を終えていた私は、「おじいちゃん、もう勉強は終わったよ。」と思ったのですが、そういう意味の勉強ではなかったのだと社会に出て気付きました。
おじいちゃん ありがとう。うん、勉強し続けるよ。
「勉強しろよ」日々の出来事、人との関わり、そしてファインとも学びに終わりはないですものね

話が脇に逸れてしまいましたが、多頭飼いをされている方々のお話を聞いて、ファインもずっと寝ているとはいえ、ひとりぽっちのお留守番と自分以外のものの存在が感じられる中でのそれとは気持ちに大きな違いがあるように思えました

人もそうですよね。
話さずとも同じ空間に誰かいてくれるだけで安心できる時って、ありますよね

それに加えて、お散歩中に仲良しのワンちゃんに会うととぉ~っても嬉しそうにするファインの姿を見て、この子には他にいたほうがいいのかな?と感じていました

なのでここ一カ月、何とな~くですが「もう一匹???」という考えが頭にあったのです。

ただ、物理的に犬を増やすのは難しく、ファインはセンターを出て一カ月いたお預りさんの所で猫ちゃんと接していて、その時のファインの行動から猫ちゃんだったら大丈夫かな?と思っていたのでした。
その矢先の桂子さんのブログだったのです

この猫ちゃんもワンちゃん大丈夫そうだったのと、私の好きな長毛種でしたので心が動きました

社会人になって10年近く一緒にいた猫のシャンディも長毛種でしたので、シャンディが来てくれたのかな?とも
シャンディには、最後辛い思いをさせてしまって・・・今でも胸が痛みます。。。
最後の最後に許してくれたのですが、それでも、もしシャンディの生まれ変わりならもう同じ思いはさせない。と。
ですので、ある意味強い覚悟で桂子さんにご連絡させていただきました。

猫ちゃんは千葉の外房、私がよく波乗りに行っていた辺りのお預りさんのお家にいて、まだ希望者さんが現れていないとのこと、桂子さん経由でお話を進めていただき、昨日から一週間のトライアルに入らせていただいた次第でした。

事前にいただいた情報では、

「7月19日に、怪我をして身体にペンキがついた状態でお隣の庭にうずくまっていたそうです。
目の上をボス猫にやられた様で出血が酷かったので病院へ連れて行かれ、結果 傷は大した事はなかったそうですが、身体中に大きく育ってしまったダニをつけていたとのこと、葉ダニは猫にはつきにくいそうで、多分 弱っていたので付いたものと思われるそうです。

野良とは考えにくい程人馴れしていて、病院の診察も先生が驚くほど おとなしく 身体を触らせていたそうで、
あたれるだけ飼い主さんお探し、ポスターも貼ったのですが・・・・ダメだったそうです。

今まで 問題行動は一度もない子だそうです。」

この方のお家には二匹ワンちゃんがいるのですが、GRくんの方が癌宣告されてしまい。。。
今は元気ですが、介護生活に入るのはそう先の事ではないような気がされるとのこと、ご高齢のお母様もいらっしゃり、猫ちゃんまでは難しい状況でした。

もう一匹なら猫ちゃんを、と思いつつもどの子でもいい訳ではなく、色々なものがシックリとしこの猫ちゃんなら。という経緯でした。

昨日は、お預りさんとご近所のご夫妻と3人でご主人様が車を出して下さり、遥々千葉からお越し下さいました
遠くから本当にありがとうございました

気になる、ファインとの相性ですが・・・
ファインは、遊んで欲しくてストーカー状態(ファイン、お預りさんのお家でも姐さんニャンコにストーカーしてました)
練は、逃げ隠れはしないものの・・・ ファインのあまりのアプローチにお困りの様子・・・

練には、いきなり知らない所に連れて来られて、知らない人と執拗にアプローチするワンコとで戸惑っているに違いありません。
ファインには、なんだか分からないけど面白いのが来た っていう感じでしょうか

でも、初対面にしては上出来なのではないでしょうか?
というのが全員一致の意見でした

一通りお話をお伺いして、ファインとお見送りさせていただきました
お預りさん、そしてお車を出して下さいましたご夫妻さまには本当にありがとうございました
波乗りでよく通っていたあの場所に帰られるのですね
千葉の海には千葉の海のよさがあり、とても懐かしく思いました
叶うなら、いつか、ファインと練を連れてお伺いさせて下さい

さてさて、人ひとり 犬いっぴき 猫いっぴき になりました。

長旅になるので、前の日の夜からご飯を抜いているとのことでしたので、お腹がすいているでしょうとごはんの準備を始めた所。。。
ファインが酷く反応してしまいまして・・・
GRは食いしん坊とは聞いていましたが、、、

ファインは、5月から食事療法でおやつをなくしています。
最初は台所にいくとついてきていましたが、直ぐに理解し、今では台所に来ることはなくなっていました。
それが、今日、練のフードの件があってからは台所に来るようになり、まるで人間の赤ちゃん返りのようです

そしてちょっと目を離した隙に、トイレの紙を食べてしまって
おからで作られているので反応してしまったのです。
手を突っ込んで吐かせましたが、がっついて一気に食べたようでヒヤッとしました・・・
直ぐにドラッグストアに走り普通の砂を買って変えたところ、無反応 やったー
これでしたら、ファインも食べないっ
トイレは解決
(おからのおトイレを食べてしまうワンちゃん、結構いるそうですね。。。)

フードについても、桂子さんや知り合いの方にファインが届かない高い所に置くとよいとアドバイスをいただき台所へ
解決っ

2012 8 9 12

これで、みんなフリーな空間で過ごせます

練は、お家を探検したり、私の足元にきてくれたり、ファインを気にしながら自由にしています

ファインは、ちょっとした嫉妬やそこからくる甘えと、これまでに見なかった面が沢山出てきて、私自身が勉強させてもらっています

ファインは元々甘えん坊なので赤ちゃん返りするかもしれませんが、ファインも練が来てくれたことで私とだけの生活では経験できない、我慢や受容、共存など、色々経験し成長してくれるような気がします

既に、今朝、その兆しが見れました
掃除機の音に反応してしまった練を、ファインが追いかけて側についてあげていました

2012 8 9 4

2012 8 9 5

やさしいね~ ファーくん
「怖くないよ、大丈夫だよ。」って、練に言ってあげたの?
 頼れるにーちゃんでママ安心だよ

2012 8 9 11

ファインも練も同じ境遇同士なのだもの、心通わせる日が来るのもそう遠くないと思うのです
それに、ファインも練も同じ外房出身というのもご縁のようが気がしています
私も千葉からですし

今日は、ある一定の距離は置いているものの、少しずつお互いの存在に慣れてきた様子がうかがえました。

2012 8 9 3

2012 8 9 2


桂子さん

この度は多大なるお力添えをいただき、本当にありがとうございました
クインとの出逢いがこういう形に繋がってゆくとは、夢にも思っていませんでした
桂子さんとは、この先も ずっと こうして繋がって行けたら幸せに思います


千葉のお預りさんへ

昨日は、遠くから本当にありがとうございました
沢山沢山気にかけていただき、とても感謝しています
ファインと練が私に教えてくれること、もらたしてくれるものは、きっとかけがえのないものになると信じています
これからも練のこと私たちのことを見守っていて下さい
ご夫妻にも、くれぐれもよろしくお伝えください

ガンプくんのこと カイルくんのこと ここから想っています



ファインとの日々を見守ってくださっていたみなさまへ

これまでファインとのあたふたな日々をあたたかく見守っていただき、ありがとうございます
みなさんのあたたかい眼差しは、それは心強くシャンと顔をあげて前に進む励みになっています

そして昨日、練という小さいけれどキラキラ輝く命を持った子がやってきました
一匹増えた私たちのことを、これからも見守っていただけましたら幸せです
どうぞよろしくお願いします

最後に
験担ぎではないですが
練が来た日 8月8日
スーパーの領収書 888円
末広がりデス

2012 8 8 4_1

木村&ファイン&練より



スポンサーサイト