上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅雨入りしたものの連日ピカピカのお天気気分は早くも夏に向かっていますね

夏でイメージされるもの と言えば

私は 海 すいか とうもろこし 花火

海のない埼玉で育ったので、海以外は子供の頃の思い出がそのまま染み付いています
実家は田舎で畑や野山に囲まれているので、山に分け入ったり、稲の用水路にじゃぶじゃぶ入ってたにしを取ったり、これまた用水路のお水が氷のように冷たくてすっごく気持ちよくて、子供の頃は全身で夏を楽しんでいました

遊び疲れて家に帰ると、お母さんがたらいで冷たくしたすいかを切ってくれて、実家は周りに農家さんが多いので戴いたとうもろこしにかぶりついたり、すいかやとうもろこしも遊びと共に夏の楽しみでした

みなさんは
夏から何をイメージされますか
お一人お一人 それぞれに、子供の頃の思い出やご家族との思い出から繋がったものであるのではないでしょうか

台風発生のニュースからも夏の訪れを感じたり
そんな風に夏を間近に感じるぴかぴかに晴れた週末の土曜日 
江の島水族館で開催された「World Oceans Day 2013」にてSurfridere Foundation Japanさんのボランティアスタッフとしてお手伝いさせていただきました

World Oceans Day 2103

「世界と海がひとつになる日」
「海の環境について考えるオーシャンズフェスティバル」

World Oceans Day は、1992年に世界の海について考える日として、ブラジルのリオデジャネイロで提案されました。
現在、世界70カ国、750カ所以上の国と地域で、企業・NPO・団体などが中心となり、海をテーマにしたイベントが開催されています。今年の世界のテーマは’Together we have the power to protect the ocean’
ワールドオーシャンズデイに参加して、海を感じ、海を楽しみ、海の環境を一緒に考える。

そんな一時を過ごしましょう

当日は、ビーチクリーンアップや、ダイビングしながらのアンダーウォータークリーンアップ、スタンプラリーやビーチでのヨガ、オーシャンステージでは音楽ありトークあり盛沢山でしたー


私は、午前中に急用が出来てしまって、、、 午後2時頃からお手伝させていただきました
江の水に到着すると、丁度、ステージではLIP SLIMのトークショー
ぼけてちっちゃいけど 分かるかな・・・?

2013 6 8 LIP SLIM

その後が、Surfrider Foundation Japanの松原さんのトークショー
サーフィンのこと海のこと、地球環境のこと、松原さんからみた視点で松原さんなりの考えで色々お話されていました

2013 6 8 M 2

松原さんは、お話がとっても上手で楽しくてつい耳を傾けたくなります
J-WAVEに海部を作ったそうで、おー楽しそうですねっ

トークショーの模様は、きっとJ-WAVEでも流れていたのでしょうね
どなたか聴いていたかしら?

ブースに伺うとスタッフの方や私と同じボランティアの方がいらして、遅ればせながらご挨拶をさせていだきました
こちらSurfrider Foundation Japanのブースです

2013 6 8 Surfrider booth 1

スタッフのエスターが掲げているのは、今週、ペットボトルを買いましたか?レジ袋をもらいましたか?との問いに、どちらかにシールを貼ってもらうもので、そうすることでマイボトルやエコバックの持参を意識してもらおうというものです

2013 6 8 ethter

2013 6 8 Surfrider booth 2

私も、今日、お水買っちゃった・・・と、反省
Anytime & anywhere take my bottle & eco bag with me!!!ですっ

Surfrider Foundation Japanは、世界のサーフライダーファウンデーション(アメリカ・ヨーロッパ・オーストラリア・ブラジル・アルゼンチンなど)と連携をとりながら、以下の理念で活動をされています。

● 全国の海岸、サーフポイントの置かれている現状や問題を調査・検証していきます
● サーフポイントおよびその海岸環境を保全するための活動と政策を提言していきます
● 教育活動を通じて、次の世代を担うこどもたちに海のすばらしさを伝えていきます

子供たちへの活動として、直近ではこちらのイベントを予定されています

6月23日(日)に、大磯でキッズサーフィンチャレンジ

7月6日(土)に、港区旗の台小学校で子供たちへのサーフィンの出前授業

子どもたちには、海やサーフィンと触れ合うことで身体だけでなく心も育ってゆくことと思います
お子さんのいらっしゃるパパさん&ママさん、是非是非、お子さんをご参加させてあげてください

その他、色々イベントがありますので、詳しくはHPをご覧ください

海の懐で遊ばせてもらい 海に波の音に癒されて 海が私に与えてくれたものは計りしれなくて
この大好きな海がいつまでもここにありますよう、少しでもお役に立ちたいと思っています

ブースではT-shirtも販売していたり

2013 6 8 Surfrider booth 5

2013 6 8 Surfrider booth 4

かわいいピンクのT-shirt、私も買わせていただきました

一人でも多くの人にSurfrider Foundation Japanを知っていただくこと、その活動をご理解いただきサポーターになっていただけるようブースに来て下さった方々にお願いさせていただきました

海や水に纏わるクイズを出して、正解したらバッジをプレゼント

2013 6 8 Surfrider booth 3

ちびっこ達のはじけんばかりの笑顔が印象的でした

スタンプラリーで立ち寄ってくれるご家族も沢山いて、一日で沢山の方がサポーター登録して下さいました
みなさん、お立ち寄りいただき本当にありがとうございました

他には、こんなブースが出ていましたよ~

Avedaでは、バスソルト作成
おちびちゃんたち、たのしそーに作っていましたよー

2013 6 8 aveda

南国風のお洋服のブース

2013 6 8 shop 3

2013 6 8 shop 1

丁度、私たちのブースのお向かいだったので、おいしそーなメニューにお腹がぐぐぐぅうう~

2013 6 8 shop 2

イルカのアイサーチジャパンさん(写真なしでごめんなさい)
一時期、イルカの本を読み漁ったり、御蔵島までドルフィンスイムに行ったりしていたのでこちらの団体のことはよく知っていました
活動、頑張ってくださいの気持ちも込めて、石鹸を購入させていただきました


さんごでイラスト

2013 6 8 booth 1

やわらかいタッチで海のやさしさが伝わってくるようです

2013 6 8 booth 2

今回、Surfrider Foundation Japanさんは Big O Project の方々とのコラボ出展、Big O Projectさんはオーガニックコットンをシルクスクリーンでプリントするワークショップをされていました

2013 6 8 big o

プリントは、オーガニック(プレオーガニック含む)、もしくはリサイクルのもの限定。
その理由に、Big O Projectさんの活動はオーガニックの認知度、そして使用率を高める為のものであり、コンベンショナルコットン(農薬を使用した慣行農法のコットン)をサポートするものではないからだそうです。

Big O Projectさんの活動テーマは
「プリントを通じて、オーガニックコットン認知度、使用率を上げること!!! 」

以下、Big O ProjectさんのHPより引用させていただきました。

なぜオーガニックを訴えるのか?
- 世界中で年間に使用される様々な農薬の量を100として、その内の25%がコットンの生産に使用されています。-

- なぜ農薬を使用するのか? -
効率化です。
農薬の使用によって沢山のコットンを生産できるから。
それによって大量生産、大量消費、そして大量廃棄へと繋がっています。
200万人が住む横浜市で年間に出される衣類の資源ゴミは3万トン。
その8割である約2万4000トンが安価な洋服です。
そしてそのゴミは税金によって焼却されています。

- メリット -
私たちはお金という投票券を使用し、その投票先をサポートしています。
その投票に注意を払わないと、その意図は無いにも関わらず、農薬の使用をサポートしたことになります。
意図的にオーガニックを選ぶ事で、農家さんの健康被害、土壌汚染を軽減するメリットが生まれます。

- Big Organic project を通じて -
少数が多数に従う民主主義というシステム内で社会が成熟する為には、相反する同士が向き合い、建設的に議論することが必要だと思います。
投票先が1つしかなく、そこに議論が無く、成熟できなかった例が電気だと思います。
現在、国内の市場に出回っているオーガニック製品は0.2%と言われています。
*ヨーロッパの市場は6%(300倍の開き)、そして拡大し続けています。
すなわち99.8% 対 0.2%になります。
オーガニックコットンも世界で年間に生産される量を100とした時、1%も満たしていません。
この割合のままでは相反する多数と少数は建設的な議論が成立たず、社会が成熟することはなく、まともな投票先も増えずに、私たちの意図しない結果をもたらし続けてしまうでしょう。

まるで、個人で保護犬の活動をされている桂子さんが書いてくださった、ペットショップやネットで動物を買うのと同じであるような気がしました
現実としてここ日本で起きていること、よろしければこちらお読みください。
(大ちゃんのお話の後に書いて下さっています)

私には、分かっていたはずなのに改めてハッとさせられた気付きとなるメッセージでした
いつからか軌道から少し外れてしまっていたかも・・・
このタイミングでBig O Projectさんと逢えたこと、それはまるで修正へと導いてくれる為だったと思うのです

動物を飼うのもそうだと思うのです。
今までは知らなかったこと、でも、知ったことで、これから変えていただければそれでよいと思うのです
今は、目の前にいる子を大切に いっぱいいっぱい愛してあげて下さい

シルクスクリーンの工程を初めてみましたが、それはそれはartistic
こういうふうに色を置くと

2013 6 8 big o 1

ほわぁ~~~ キレイ

2013 6 8 big o 2

暫し 見とれていました

私も、着ていたT-shirtをプリントしてもらいました

2013 6 8 big o 4

大好きな 青と白

2013 6 8 big o 5

お友達のあけみさんも

2013 6 8 big o 3

そして、心ばかりですがお礼に心付けを
どうぞ、今後の活動に使ってください

そしてそして
キマグレンのLiveスタッフの方のご厚意に甘えさせていただき、見に行ってきましたー

2013 6 8 Kimaguren

それはもー愉しかったぁ~

あっという間に時間が駆け抜けて、気がつけば終了時間となっていました
みんなでブースを片付けて、松原さんから〆のご挨拶をいただきました
私は午後からでしたが、他の皆さんには朝早くから一日、暑い中本当に大変だったと思います。

そして、スタッフの松原さん、みゆきさん、エスター、ボランティアとして私と同じ初参加のたむらさんと新しい出逢いに感謝
海を愛し大切にしたいという共通のものが根底にあるので、初対面ではありましたがみなさんと過す時間はとても心地よくて
似た空気を持っているからなのかな

今回、松原さんや今回Surfrider Foundation JapanとコラボしたNaomiさんから、色々な意味でよい刺激をうけました。
お二人と比べると私は掘り下げがまだまだ序ノ口で、アロマにしても何にしてももっと突き詰めて掘り下げてゆかなくては、と思いました
アロマは、知識よりもお客さまへのサービスであったり、アロマの普及のほう。
お一人お一人の心と身体をしっかり見て 感じて、一人でも多くの方がアロマで心と身体が健康になれるよう、常に前に進んでゆきたいと思いました
決して、ここで善しということはない。


松原さんにスタッフのみなさま

朝早くから一日おつかれさまでした
午後からという短い時間でしたが、少しでもみなさんのお力になれていましたら嬉しく思います
Surfrider Foundationさんの理念には賛同させていただく部分が多く、微力ながらマンパワーとしてこれからもお手伝いさせて下さい
本当にありがとうございました
また、お会い出来るのを楽しみにしています

買い求めたこのこたちも 大事に 大事に 感謝を込めて

2013 6 8 okaimono


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mothermoon1121.blog95.fc2.com/tb.php/1349-eeccb283
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。