上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バザー「ふくふくの日」

「スウェーデン式ドッグマッサージ」・「アニマル・コミュニケーション」の追記事項

大切なご案内です

Minaさんの「スウェーデン式ドッグマッサージ」・「アニマル・コミュニケーション」をご予約いただくワンちゃんの飼い主さまへ



以下の内容を必ずお読みの上、ご予約・ご来場いただきますようお願い申し上げます。

(Minaさんの HPより引用させていただきました。)



禁忌事項は必ずお読みください

 

スウェーデン式ドッグマッサージとは?

 

 スウェーデン式ドッグマッサージとは、マッサージの原点であるスウェーデン式マッサージをもとに馬に対する理学療法から生まれました。

さらに動物理学療法の先進国であるオーストラリアの技術を取入れ、動物病院の院長の指導の下解剖学や犬特有の疾病を重視し開発された、高レベルなドッグマッサージです。

犬の筋肉・骨格を理解した正しい施術で、あなたの大切わんちゃんの健康の維持増進をはかります。

 

 このマッサージは、リラクゼーションというよりは、リハビリにより近い効果の見込めるメディカルケア・ドッグマッサージで、アジア各国をはじめ、欧米でも注目を集めています。

またホルモンの分泌を促進し、犬のメンタル面へも大きく作用します。

 

どんなことをするの?

 

 スウェーデン式ドッグマッサージでは、筋肉・骨格など犬の解剖学をきちんと理解した上で筋肉に対して正しくアプローチしていきます。マッサージの基本的手技に加えて、ストレッチも行っていきます。

人間と違って、マッサージオイルは使用しません。(場合によってメディカルアロマのページにあるウォーターを使用する場合があります。) 力を入れることはありません。

筋肉をしっかり捉えてマッサージしていきます。

 

また、"キモチイイ"ポイントというのがわんちゃんの体にいくつかありますが、このポイントへのプレッシャーによって、さらにわんちゃんがリラックスしていきます。 


どんな効果があるの?

 

 スウェーデン式ドッグマッサージでは、以下のような効果が見込まれます。

   

* 血流・体内循環がよくなる

* リンパ循環が良くなる

* ホルモン分泌の促進によるストレス・イライラの解消、自律神経を整える

* メンタル面への恩恵による、問題行動やハンドリングの向上

* 免疫力Upによる自然治癒力の促進

* 排泄が良くなり内臓の調子を整える

* 筋肉の腱が柔軟になり関節の稼動域が広がるため、筋肉が温まりスムーズに動けるようになる。

* 毛艶がよくなる

* ゲートコントロールによる疼痛の緩和

* 筋肉の強化・柔軟化によるケガの予防

* ウォームアップ

* リハビリの早期化

 

そして・・・

    人間でもそうですが、体がこわばっているわんちゃんは、不要なエネルギーを溜め込みがちです。

溜め込んだエネルギーは更なる体のこわばりをまねき、悪循環に陥ってしまいます。

そうなる前に、わんちゃんの体のこわばりをほぐしてあげましょう。

体がほぐれると気分も良くなって、飼い主さんとの関係にも無駄な力が入らずに、素敵な関係を保てるようになることでしょう。

 

こんなわんちゃんに

 6ヶ月以上のわんちゃんであれば、いろんなわんちゃんのお役に立てると思いますが、特に以下のようなわんちゃんにはお勧めです。

デイリーケアから筋肉の維持向上まで目的は様々。

 

* 足腰の弱いわんちゃん

* シニアのわんちゃん

* アジリティーなどスポーツをされるわんちゃん

 

禁忌事項


 わんちゃんの安全を考慮し、以下の状態にあるわんちゃんはマッサージをお受けいただくことができません。

 

* 生後6ヶ月未満のパピー

* 食事前後2時間

* お散歩の直前・直後(30分)

* 骨折をしている

* 出血、炎症など応急措置を必要とする外傷がある

* 感染系の病気にかかっている

* 発熱している

* 膿が出ている

* 湿疹がある

* 妊娠中または出産後2ヶ月以内

   

その他ご心配な場合や、獣医師にかかっているような疾患がある場合は事前にご相談下さい。

 

 

アニマル・コミュニケーション(アニマル・カウンセリング)

 

 動物の心とからだの声を聞く・アニマルカウンセリング・ヒーリングセッションはこちらです。

なんだか元気が無いんだけれど、獣医さんでは特に悪いところはないと言われるし・・・・。」

「困った問題行動・・・・いろいろ試してみたんだけれど、さっぱり改善しない・・・。」

そんな困ったを、飼い主様と動物を一緒にカウンセリング。

 

 アニマル・コミュニケーションで動物の言い分を聞いてみて、飼い主様と一緒に考える。

そしてLuv doggiesで出来ることはお手伝いさせて頂きます。

飼い主様にやってほしいことを伝えてくる動物、ヒーリングが必要な動物、マッサージやアロマケアが必要な動物などさまざまです。

 

注意事項

 

* 緊急を要するような体調の不具合や明らかに病気や怪我の症状がある場合は、まずは獣医さんに見てもらってください。

 

 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mothermoon1121.blog95.fc2.com/tb.php/1602-d2039973
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。