上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の午後は、整体講習でした。

「秋の冷えについて」
生き物全て、身体は一番秋が冷えの影響を受けるのだそうです。
夏から秋へ 気温の移り変わりの大きさに身体が適応しようと内部が動くから、冬は適応が整い内部は落ち着くそうです。

IMG_20151010_182348.jpg

体力や免疫が落ちていると、その冷えが原因で症状として現れることもあり足浴が良いとの事でした。
特に起きがけ、通常より2度高めのお湯で7分ほど、胃腸が良くない時は膝まで浸かるとよいそうです。

私の習っている整体は愉気と言って気を注ぎながらの整体なのですが、実技で補佐の先生から「気が凄い出てる!」と言って頂けました。
ただ、私は押す力が人より強いので、、、押していないつもりなのに強すぎます!!!と言われてしまいまして。。。
なので、押さなくて手を当てるだけでよいです。だそうです

冷え性で普段は冷たい私の手ですが、施術を始めるととってもあったかくなります。
気持ちを込めてさせて頂いているので、自然と出るようになったのかな。と。

「手当て」は、アロマを仕事にし始めた時から?ではなく、多分、幼い頃から。
頭を撫でてもらったり、背中に手を当ててもらったり、怪我した所や痛い所に手を当ててもらったり、そうして自然と身についたもの。
外で遊んで怪我の絶えない子供でしたので、怪我した所に手を当てて「痛いの痛いの飛んでけー!」ってよく言ってもらっていました。

今日は、手当を大切に、改めてそう思わせて頂きました
習った手技は、お客さまの状態を見ながら必要に応じてアロマトリートメントの中でさせていただいております

ぼくのおにくどーにかなるでしゅか?
練のムチムチには、、、んーーーど、どーかなぁ、、、

IMG_20151010_211626.jpg 

蓄えがちょっとあったても いーんじゃない???
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mothermoon1121.blog95.fc2.com/tb.php/1910-db80353e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。