上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月18日(木)、市川サロンでベビーマッサージ講習を開催しました

アロマオイルでのベビーマッサージを探していらしたママがElpisを見つけて下さり、お友達にも声を掛けて頂いて満員に
皆さんとははじめましてでしたが、色々お話させて頂けて楽しかったです

みなさんとは初めましてなので先ずは私の自己紹介、そして皆さんにも自己紹介をしていただきました。
季節柄、皆さん赤ちゃんの乾燥に悩んでいて、オイルでのケアを一つの方法としてお勧めさせて頂きました。
あっ!あと、All Things in Natureも!
ミニボトルをプレゼントさせて頂きました


ではでは、クラスに入りましょう
テキストを読み上げている間、赤ちゃんにはパッチテストをしてオイルと精油が安全に使えるか確かめます
そして、ママには耳をこちらに傾けていただきママには赤ちゃんと向き合っていただくお時間にさせていただいています

マッサージオイルで使う精油ラベンダーのご説明を したり。。。
マッサージに加えて、精油を利用することでプラスαの効果が得られます

心への働き:中枢神経のバランスを整えてくれます。怒りや不安を鎮めて、リラックスをもたらしてくれます。
身体への働き:殺菌作用、抗ウィルス作用、鎮静・鎮痛・鎮痙作用(神経痛・関節痛・筋肉痛・頭痛・生理痛・血圧降下)
お肌への働き:皮膚の再生促進作用(日焼け・火傷・傷口の回復促進)

それに、香りがあることで心への働きかけがより強まりますのでよりリラックスした時間に、オイルだけよりも精油を組み合わせることで、講習という短い時間をより有意義に中味の濃いものに出来たらと思っています。
またベースとなるホホバオイルは、安定性が高く敏感肌やアトピー肌にも比較的安心して使えるオイルと言われています。
皮膚トラブルのある子のアプローチに関して、改善はその子その子で差があり必ずしも改善するとは言えませんが、狭い範囲を試して状態を見られるのもよいかと思います。

マッサージは生まれて直ぐ、精油の使用は生後一週間以降から、生涯を終えるまで、ずっとずっと行っていただけます

ご参考までに
乳児(0ヶ月~12ヶ月)/ 精油は用いないか、用いる場合はラベンダーとローマン・カモミールのみ。
幼児(1才~7才)/ 用いる精油はティートリー、ラベンダー、ローマン・カモミールのみ。
子供(8才~14才)/ 大人と同じ方法で用いることが出来ますが、精油の濃度は半分にしましょう。65才以上の老人も同様の扱いです。

マッサージは、途中で泣いてしまう赤ちゃんもいましたが、ママにだっこされながらの子も みんな最後まで頑張りました~
あたたかな そして愛あふれるママの手 赤ちゃんたちにその想いが伝わったのでしょうね
終わってから皆うつらうつら~



2016 2 18 BM 6 
 
ぽわぁ~ん


2016 2 18 BM 7 
 

こちらも ぽわぁ~ん

2016 2 18 BM 5 


ママのマッサージと愛でとろけちゃったね~

2016 2 18 BM 4  

 

マッサージは、動いてしまうようになってもだっこしながらとか出来る範囲で大丈夫、そう、遊びながらでもいいのですものコミニュケーションの一つとして楽しみながらされてくださいね


2016 2 18 BM 3 
 

そして、マッサージ自体は無理なく(ここが大切)、赤ちゃんのペースに合わせて行いましょう
手のひらを密着させるように意識することが大切ですので、お家で行うときも「手のひらの密着」を心がけてくださいね
手に触れられることで得られる安心感 マッサージは身体への効果だけでなく心の安定にも繋がることと思います

月齢が進むにつれてあちこち動いてしまいますが、抱っこして行ったり出来る範囲でしてあげれば大丈夫、お腹をくるくるくると5回、明日はお背中をなでなでなでと3回、それでいいのす。
触れる。それが大事なのだと思います
赤ちゃんは、その数回で十分にママの愛を感じてくれますし、その数回で安らぐのですから

マッサージ終了後は、お肌へのオイルの浸透を促すのと赤ちゃんと触れ合った幸せな余韻をより深く感じて頂きたいので、タオルでくるんで少しの間抱っこしてあげましょう 。
マッサージを受けるととお腹が空きますので、おっぱいもあげて下さいね。

ママたちには、日々の子育ての中、時に疲れてしまうこと、落ち込んでしまうこと、どうしてもあると思います。
そんな時、同じ境遇のママと会って話をしたり、赤ちゃんの反応を見ることで、ふっと心が軽くなることもあるのではいでしょうか?

また、二人目、三人目のお子さんが出来たとき、赤ちゃんにマッサージをしてあげようとお思いになられたら、先ず初めに上の子にマッサージをしてあげてください
必然的に赤ちゃんに時間も気持ちも持っていかれてしまいますので、どうしても上の子には寂しい思いをさせてしまいがちです。
最初に上の子を触ってあげて、腕だけでもお背中だけでも一部で大丈夫です、それから赤ちゃんをマッサージしてあげてくださいね。
そうすることで、ママの愛を感じ、自分が先にという意識から心が満たされ、心が落ち着いてくれることと思います

マッサージは、「触れ合い」の時間
一日があっという間に駆け抜けていって、「触れる」ことになかなか意識が向けられない方も多いかと思います。
ですので、この講習でまたお家でマッサージをしている間だけは触れあう事に意識を置いて、触れあう楽しさを心で感じて下さい

2016 2 18 BM 8


赤ちゃんはご両親から沢山の愛をもらって安定した情緒と健やかな身体を、ご両親は赤ちゃんの笑顔や成長から我が子を愛しむ心と親としての自信を育んでゆきます。
大事なのはママやパパが楽しく行うこと、それが赤ちゃんの心と体の健康に繋がってゆくと信じています

一組でも多くのご家族の幸せを願って

会話 笑顔 笑い 知恵 教え やさしさ いたわり 与える 受け取る 分け合う 
 

2016 2 18 BM 2 




お茶請けに焼いてきたおからのお菓子も、好評で嬉しかったです

2016 2 18 BM 1 


ママ達にはお家でされていて、何か分からないことなどありましたら遠慮なくご質問くださいね。
アロマのご相談もどうぞお気軽にされて下さい。

パパのご参加も大大大歓迎ですので、是非ママとご一緒にいらして下さいませ
また、お一人お友達をお誘いいただけると、一つベビーマッサージの輪が広がります
そうして少しずつ輪を広げてゆけたら幸せです

そして、アロマにも興味を持って下さっているようなので、またそちらからもサポートさせていただけたら嬉しく思います
新しい出逢いに感謝 ママに赤ちゃんたち ありがとうございました


追記: 次回のベビーマッサージ講習は、3月24日(木)午後12時30分~ 残席3組さまです。

 




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mothermoon1121.blog95.fc2.com/tb.php/1967-aeef8ed4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。