上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気温が上がり湿度の高くなるこの頃から、私の家は周りに木が多いからでしょうか… 蚊が沢山発生し始めます
夕方にベランダに出ようものなら蚊の大襲撃に遭ってしまうので夏が終わるまでベランダの手入れは午前中に済ませるようにしています

この時期に無くてはならない精油がティートリー
私の強い味方デス

ti tree

蚊に刺されたら、ティートリーを綿棒に付けて刺された所につけるのですが、そうすると直ぐに痒みが引いて、暫く立つとぷく~っと腫れていたのも治まります

刺された直後です

ka 1

一時間もしないうちに腫れが治まりました

ka 2

なので、家には虫刺され用の軟膏は無いのです
他に、ニキビや口内炎にも同様に使えますし強い味方ティートリーです

ティートリーの原産地はオーストラリアです
ユーカリと共にオーストラリアの原住民アボリジニは古くからティートリーの優れた効能を活用していました
20世紀前半になってイギリス人に伝わり、その後ヨーロッパにも広まってゆき、フランス軍医のジャンバルネ博士は、第二次世界大戦中にティートリーを戦場の兵士に使用していました


ティーツリー/フトモモ科、抽出部:葉、Note:トップ
体への働き
・ウィルス・細菌・真菌を抑制する働きがあり白血球を活性化させてくれます。(流感・扁桃腺炎・      
 免疫向上・膀胱炎・中耳炎・カンジタ性膣炎)
・発汗作用があります。(帯状疱疹・虫刺されや飲みすぎによる毒素の排泄)
・かゆみを抑えます。(虫刺され・水疱瘡・性器と肛門のかゆみ)
お肌への働き
・炎症を鎮める働きがあります。(火傷・日焼け・ただれ)
・感染を防止します。(化膿したおできや創傷)
・抗ウィルス作用があります。(いぼ・たむし・水虫・白癬)
・X線の非常に深い浸透から体を守ります。
心への働き
・心をリフレッシュさせてくれます。(不安・抑うつ)

ティートリーとラベンダーは原液でも使用出来ると言われていますが、敏感肌やトラブル肌、アトピー体質の方は、安全を考慮して希釈してのご使用をお勧めします。

皆さんも、アロマセラピーを生活に取り入れてみませんか?
日々笑顔で健康にお過ごし頂けますよう、そのお手伝いをさせて頂ければと思っております

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mothermoon1121.blog95.fc2.com/tb.php/466-94acdcce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。