上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.26 Books
「草古堂」という古本屋さんが駅までの行き帰りの途中にあって、時々覗いています
このお店は狭いながらも専門書から絵本・まんがと幅広いジャンルの本を置いていて、CD やDVDまであるのです
それに!外の箱には、「欲しい方はお持ちください」と無料の本もあるのですよ
いつも何の気なしにふら~っと立ち寄って、ハードカバーでも100円からあるのでちょこちょこ買っています
今日はこの二冊

100826_1947~0001

「育母書」浜文子著
ぱらっとめくって目に入ったのが、「あなたのままで母を生きる」という最初の項でした。
“ぐっ”と胸に響き手に取っていました
子育て本は雑誌も含めると沢山ありますけれど、あまりにも理論立った内容のものには隔たりを感じてしまいます。
そんな、断定しなくても・・・って。
ベビーマッサージの講習でママとの交流を通じて感じること/思うことのある中、少しでも力になりたくて、私が口に出す言葉もその一つと、いい本に出逢いそこから学びあたたかな言葉を発せられる人になりたいと思っていました。
子育てをしている女性の不安な胸の内や感情の揺れ動き、そこからくる様々な行動を分かって書いてくれている本、ありのままを受け入れあたたかく包んでくれるような本を求めていたので、出逢えてよかった
今、少しずつページを読み進めています

もう一冊は、元フジテレビアナウンサー内田 恭子さんの「チョコレートと犬とベッド」
画面の彼女は笑顔がキュートでスタイルも良くて、洋服のセンスは視聴者に自分をどう印象付けたいかが上手に出来ているようで、例えそれが計画的であったとしても釘付けになっちゃいます
プライベートはどうなのかなぁ~って、同じ女性として興味を抱きました
こちらも読むのが楽しみです

他に、オランダの子供部屋を撮り集めた可愛~い本も見つけて、買おうかどうしようか迷って…結局棚に戻したのですが、あの本も欲しいなぁ~ 次に行ってあったらご縁ですね

皆さんも、最近、“ぐっ”とくる本との出逢いはありましたでしょうか


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mothermoon1121.blog95.fc2.com/tb.php/506-9100d84f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。