上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この夏、沢山の暑中お見舞いのお葉書を頂きました

100905_2130~0002

メールがコミュニケーションツールの主流になっているこの時代に、筆を執り一文字一文字したためた便りをもらえるのはとっても嬉しいものデス

葉書を手に取ると、その葉書を選ぶところから机に向かい筆を進ませているその人の姿が想像出来て、忙しい日々にあってその時間を作ってくれたと思うと、その人への感謝の気持ちが湧いてきます
ありがとう
そして、その人を思いながら一文字一文字読み進めます
書体に人柄が見え隠れしたり、そしてその文にも。
読み終えると、その人の存在がとても近くに感じれらて心がほっこり

手紙や葉書によるコミュニケーションは、書きあげてから住所を記入して切手を貼ってポストに投函するという手間が掛かります
それからその人の住む街まで運ばれて郵便やさんが配達してくれて、と、メールのように瞬時に相手に届きません。
その手間や届くまでの時間が、より一層あたたかさを増してくれるように思います
急を要する時はメールや電話になりますが、日数を問わない時にはその人を思って一文字一文字時間を掛けて思いを綴ってゆきたいです。
その方が、お互いに心が感じられるような気がして
だから、私は手紙や葉書を出すのももらうのも好き

みなさんは?いかがですか?


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mothermoon1121.blog95.fc2.com/tb.php/515-21cb56b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。