上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月はピンクリボンキャンペーン 乳がん予防月間です

予防月間にちなんでマスコミや女性誌も取り上げていますので、ご存じの方も多いかと思います
企業単位でピンクリボン活動をしているところもあって、私自身の身近な所ですとランニングシューズのNew Balanceがその一つ、本国のUSAでは1991年からそして日本では2005年の秋から乳がんに対する認知と、早期発見・早期診断・早期治療への啓発を積極的に行っているそうです。
私が「いいな~」と思ったのは、ピンクリボン対象シューズを販売している事。
その売上の一部は、NPO法人 Run For The Cure Foundation に提供されて乳がん啓発運動の活動資金となっているそうです。(上記は、New Balance Japan のHPより引用させて頂きました)
そして、化粧品のエスティーローダーもピンクリボン支援製品を販売し、収益の一部を乳がんに関わる支援団体に寄付しています。

大手企業が発信するメッセージは広く人に伝わりますので、New Balanceやエスティーローダーのようにピンクリボン活動に賛同される企業やお店が増えている現状をとても嬉しく思います

乳がんは日本の女性が最もかかりやすいがんで、現在は16人に一人以上といわれています。
そして、30代に入ると子宮がんよりも乳がんの方が何倍も確率が高くなるのだそうです。
近年、罹患する人の数が増えていると共に若い女性にも増えていて、原因に食生活や最近の非婚傾向や高齢出産などのライフスタイルの変化が女性ホルモン(エストロゲン)に影響していると考えられています。
乳がんは割合早い段階から自分で発見することが可能で、早期発見されればがんの中では治る率が高いそうです

自己検診と、定期的な専門家による検診を受けることが早期発見に繋がるのです
乳がんを含め病気は進行が進めば進む程、その人のそしてパートナーやご家族のその後の人生を左右してしまう可能性が高くなりますので、ご家族・ご友人の為にも、どうかお願いです自己検診と定期検診を率先して行って下さい。

私事になりますが、25歳を過ぎた頃から、生理前になると左胸の外側に痛みを伴う攣る感じを覚えるようになりました。
母が乳腺炎を患ったこともあり、遺伝から両親と同じような病気にかかり易いと聞いていたので、不安になった私はそれを機に毎年乳がん検診を受けるようになりました。
違和感を覚えた時に検診する事もあるので、健康診断の時と合わせて年に二回受ける事もあります。
この春には、左胸外側の痛みが強くなって…心配でしたので健康診断まで待たず単発で乳がん検査をしてきました。結果、異常は見つからずホッとしました。

私は、代々木にあるフェニックス・メディカルクリニックで毎年の健康診断を受けていますが、健康診断でお世話になる以前に知人からこちらを紹介されて乳がん検診に通っていました
このクリニックでも、検診によって乳がんが発見されているそうです。
先生方はとても親身になってお話を聞いて下さり、診察も丁寧な事もあってホームドクターとして利用させて頂いています。

PHOENIX NEWS No.15にあります院長の賀来先生の記事「もう少し早く出会っていれば・・・」をお読み頂ければと思います。

Mother Moonでは、乳がん自己チェックの一つの手段として”バストケア”を推奨しています
これは、オイルを用いてご自分でバストケアして頂くものです。
頻繁に触れることで異常に気付く確率が高くなりますので、もし万が一異常が見つかったとしても早期の段階で治療に進めます。
もし乳がんを発症してしまっていたならば、一刻でも早く見つけて一日でも早く元気になってご家族やパートナーとの生活に戻って欲しい
強く強く願います

アロマによるバストケアは、下記の効能をもたらすと考えられます。

オイルによりお肌の乾燥を防ぎます。
トリートメントと精油の効能により、バストに張りをもたらします。
身体に対し強壮作用・免疫向上作用をもたらしますので、風邪の引き難い健康な身体に導いてゆきます。
ホルモンバランス調整作用を持つ精油を用いることで、ホルモンバランスを強化してゆきます。
香りの効能によりリラックスをもたらします。
頻繁にバストに触れる事により、小さな変化に気付き易くなります。=乳がんの早期発見に繋がります。

私もバストケアは頻繁に行っています
ベッドに寝転んでゆっくりと、とてもリラックス出来ますしぐっすり眠れます

ご希望の方には、バストケア専用のオイルを調合しケアの方法をお教え致しますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ
ご参考までに、バストケア専用オイルは100mlで約1,500円前後になります。
(使用する精油によりお値段に多少差がございます。)

日本では、精油は医薬品ではありません。
従って、医療行為に代わるものではありません。
病気の治療中・治療目的でのお薬の内服中の方が精油のご使用を希望される際には、必ず担当の医師にご相談なさってください。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mothermoon1121.blog95.fc2.com/tb.php/546-c523d577
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。