上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は、短大を卒業後、イギリスのケンブリッジに1年3か月程滞在していました
最初の3か月は英語学校(Studio Cambridge)に、そして同じ敷地にある姉妹校の秘書学校に入学して9か月間秘書業務について学びました

滞在中は、あちらのご家庭にホームスティをして、そのご夫妻のPeter とJenny、そして秘書学校で担任をして下さったMrs. Sellarsとは、帰国してからずっとBirthday Card やChristmas Cardのやり取りをしています
帰国してもう20年以上になりますが、こうして今でも繋がっていられることをとてもとても幸せに思います
何より、Peter もJennyも、そしてMrs. Sellarsも病気せず元気でいてくれていることが嬉しくて、毎年届く便りに元気でいることが記されていると、よかった元気で、とホッとします


先日、Mrs. Sellarsからお手紙が届きました
110204_0855~0001

Cambridgeは、クリスマス前に大雪が降ったようでここ数年とても寒い冬を過ごしているそうです
We hope the spring will soon be here.
春を待ち望む想いはみんな一緒ですね

ベビーマッサージ講習を始めたことを伝えたらブログを見て下さったようで、離れていても近況を知っていただけるのはとても嬉しいものです
急激に進化するネットワークの現状に全くついてゆけないマニュアルな私ですが、こういう時はネットワーク技術の発達に感謝
先生は、今、ボランティアでAddenbrooks Hospital で事務を、午後はMaternity Hospitalに行かれているそうです。他にも地元のアクティビティに携わっていらして、とても活動的
ご主人とはとっても仲良しですし、春休みにお孫さんが来るのを楽しみにされておられるとのこと、先生のやさしい顔が目に浮かびます(この写真は、3~4年前のものです)
My teacher


私たち外国人クラスの担任は、地元の生徒に教えるのとは違って、コミュニケーションや考え方の違いなどあって、それはそれは大変だったことと思います。
辛抱強く、ゆっくり丁寧に何度も何度も私たちが理解するまで付き合ってくれた先生、私も先生のように溌剌としてやさしく心の広い女性になりたい。当時からそう思っていました

この秘書学校は今はもうないとのこと・・・思い出の場所がなくなってしまったのは寂いですが記憶の中にはこれからもずっと残り続けます
Cambridgeの街も、新しいショッピングモールが出来て高級なお店が入っているとのこと、私がいた頃とは変わってしまったのですね
それでもまだ川辺や郊外には、溢れんばかりの緑があることと思います
Cambridge郊外は春になると水仙が咲き乱れ、それはそれは美しい風景なのですよ~

長い年月のやり取りの中、素敵に年齢を重ねていらっしゃる様子が伺えて、人として同じ女性として先生を目標としたい私の気持ちは年々強くなっています
いつかまた先生にお会いしたいです
それまで、どうぞお元気でいらして下さいね

Peter とJennyのお話はまたいつか

人との出逢いや繋がりを大切に思う今日この頃です

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mothermoon1121.blog95.fc2.com/tb.php/652-300d53ae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。