上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おからを使ったパウンドケーキの作り方です

大豆を煮てすりつぶし、漉して取った豆乳の残りかすが「おから」です。
残りかす・・・といわれると価値が薄いように感じてしまいますね・・・
でもでも、「おから」は豆乳よりも食物繊維・カルシウムが豊富なのだそうです
レシチン・サポニン・イソフラボンと美と健康によい成分を含んでいますし、食物繊維で便秘改善と特に女性は積極的に取り入れたい食材ですね

今回は、卵とバターを使わずに作りました。
卵アレルギーをお持ちの方やSweetsは大~好き でも体形も気になる… という方にお勧めです

材料:おから50g、てんさい糖大さじ2杯、ホットケーキミックス200g、豆乳100cc(様子をみながら分量を調整)、干しぶどう20g
準備:ケーキ型を用意しておきます。オーブンを170℃に温めておきます。
作り方 
①ボールにおからと干しぶどうを入れ、おからをフォークで細かくします。
バターを使っていないので、干しぶどうと一緒に混ぜて干しぶどうの脂分をおからに浸み込ませます
DSC_0283.jpg

②①にてんさい糖とホットケーキミックスの1/2を加えて軽く混ぜ、豆乳を数回に分けて加えます。

③残りのホットケーキミックスを入れ、全体が混ざるようさっくり混ぜ合わせます。
豆乳は、生地の固さを見ながら加えて下さいね。(ホットケーキの生地よりも固め、掬い上げて上から落とすと落ちた襞が出来るくらい)
DSC_0284.jpg

⑥型に流し入れて170℃のオーブンで40~50分程焼きます。
おからを使っているので、通常のパウンドケーキの時よりも少し長めに焼く感じです。
DSC_0286.jpg

私は、170℃で35分焼き、焦げ目が強くつきそうでしたのでアルミを乗せてさらに15分焼きました。
DSC_0288.jpg

竹串を中央にさして何も付いてこなければ焼けています
もし生地がついてきたら、焦げないように上をアルミで覆ってさらに10~15分焼きます。
再度、竹串をさしてチェックします
オーブンの温度ですが、お菓子の本では180℃と書いてある本も多くあります
私の家のオーブンは180℃では焦げてしまうので、170℃で焼いています。
何回か焼いている内にどの何度がいいのか分かってきますので、お家のオーブンの焼き加減で温度と時間を調整しながら焼いて下さいね

ポイント
① 焼き上がりで中央が奇麗に割れていない時は、10分ほど焼いて表面が膜状になった頃、ナイフで中央に切れ目を入れてあげると焼き上がりが奇麗です
②他に、メープルシロップやココアもおからと相性がいいですよ

私の作るSweetsはものすごーく大雑把な作り方なので、ケーキ作りが苦手な方も挑戦いただけますよ
気になるレシピがありましたら、お気軽にご連絡くださいね
Enjoy baking sweet sweets
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mothermoon1121.blog95.fc2.com/tb.php/784-b76a7f0c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。